健康・病気関連の情報の記事一覧

スポンサーサイト

卵巣と卵巣がん

卵巣は子宮の両脇にひとつずつある、生殖細胞である卵子を作っている直径2~3センチのうずらの卵くらいの大きさの臓器です。卵巣は子宮の両脇から伸びた卵管にぶらさがっています。卵巣には卵子のたまごである原始卵胞が生まれた時から数百万個もあります。その原始卵胞が思春期になると成熟し、約1ヶ月に1度、1個ずつ卵子になり、卵管を通って子宮に送られます。これが排卵です。卵巣には女性ホルモンを分泌する機能もあります。...

卵巣腫瘍と卵巣がん―上皮性腫瘍

卵巣腫瘍は他の臓器に比べ、腫瘍種類がとても多いのが特徴です。しかし、卵巣腫瘍の85%は良性の腫瘍です。卵巣の主な組織は、卵巣の表面を覆う表層上皮、ホルモン産生する性索間質、卵子のもとになる卵細胞(胚細胞)です。発生場所による分類で、一番多いのが、卵巣の表面を覆う細胞由来の上皮性腫瘍です。上皮性腫瘍には、良性腫瘍・悪性腫瘍(がん)・良性と悪性の中間の性質を持つ中間群(境界悪性)があります。上皮性腫瘍は漿液...

抗がん剤感受性試験

再発や進行がんの治療は、化学療法である抗がん剤投与が主となります。しかし、同じ抗がん剤であっても、患者によって必ずしも効果があるとは限らず、しかも強い副作用によって患者の生活の質(QOL=Quality of Life)を低下させてしまうことがあります。そのため、できる限り効果のある抗がん剤を使い、有効性を少しでも高めるために行われるのは抗がん剤感受性試験です。抗がん剤感受性試験は、患者に対して効く抗がん剤・効かない...

生命保険の保険料払い込み免除について

卵巣がんなど病気になったときに、生命保険の保険料の支払いが気になる方がいらっしゃることでしょう。生命保険は被保険者(こども保険の場合は契約者)が不慮の事故にあった時、事故の日を含め180日以内に約款で定められている状態になった場合、以後の保険料の払い込みが免除になります。ただし、一般の生命保険は、所定の高度障害状態となると死亡保険金と同額の高度障害保険金が支払われ契約が消滅します。保険料の払い込みが免...

先進医療

大学病院などで確立された高度な医療技術など新しい治療法の実績が厚生労働省に認められ、特定の医療機関でのその技術提供が承認されたものを先進医療といいます。先進医療は、保険給付対象とすべきかどうか適正な医療を提供するために評価が必要であるとされる治療法です。有効性と安全性確保のため、実施できる療法および医療機関が決められており、保険診療との併用が可能です。先進医療は技術料が自己負担ですが、その他の入院...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。