漢方薬の記事一覧

スポンサーサイト

更年期障害

更年期障害は、月経異常と同様、女性特有の疾患で、「婦人病」のひとつとされます。漢方医学では、主に「お血」と「気の上衡(じょうしょう)」が原因とされます。「お血」は血が滞った状態をいいます。「気の上衡」は、のぼせやいらいらの原因とされるものです。更年期障害というのは、卵巣の機能が低下するのに伴い、さまざまなホルモン分泌のバランスの崩れから起こります。症状はさまざまで、めまい、頭痛、動悸、耳鳴り、胃腸...

月経異常

女性の病気である月経異常、更年期障害、子宮筋腫、さらに女性に多いとされる冷え性に対して漢方薬は有効です。ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。ここで示した漢方薬は、あくまでも...

めまい

漢方医学では、気・血・水の異常としてめまいを考えます。なかでも水の異常に深くかかわっているとされ、水分代謝の異常に効果があるとされる「ジュツ」、「ブクリョウ」を配合した処方が多いです。たとえば、「シンブトウ」は、体力が弱っており、動悸やめまいがある場合に用いられます。腹部に力がなく、みぞおちを叩くと水気を帯びたようなピシャピシャという音がする場合です。一方、口が渇く、尿の量や回数が少ない、むくみが...

漢方薬と神経痛

ひとくちに神経痛といっても、その原因や症状、また痛みが起こる部位は、さまざまです。概して神経痛は、神経の圧迫や炎症、虚血によって生じるといわれます。しかし、糖尿病や癌、椎間板ヘルニアといったほかの病気が原因でおこるものもありますので、専門の医師の診断を受けてから、西洋医学で治療するのか、あるいは漢方医学で、漢方薬を用いて治療するのかを決定する必要があります。神経痛全般に効く漢方薬としては、「ケイシ...

漢方薬とは

漢方治療では、「生薬(しょうやく)」と呼ばれる薬効のある動植物や鉱物を幾つか組み合わせた薬を用います。これが漢方薬です。生薬の配合の仕方や配分は、長年の臨床経験から体系化されてきたものです。一般的に穏やかな作用をするのが特徴です。身体全体に作用するのであり、現代医療のように、病巣だけに的をしぼって直接作用するのとは異なります。一方、現代の医療で用いられる現代薬、すなわち西洋薬や化学薬の多くは、有効...

漢方薬のせんじ方

現代薬と異なり、漢方薬の場合は、1日分を水でせんじて飲むことが必要です。誤った方法では、せっかくの漢方薬の有効成分を充分にせんじ出すことができません。では、漢方薬をせんじには、どうしたらいいのでしょうか。まずは、それにふさわしい道具をそろえます。漢方薬をせんじると匂いが移りますので、普段、料理やお茶を入れるのに使うものと区別することをお勧めします。適した道具せんじるのに、もっとも良いのは素焼きの土...

虚証の特徴

漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「証」には、1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水があります。「虚実」とは、患者の体質と体力の質的な充実度を示すもので、基本的、かつ重要な証のことです。また。「陰陽」とは、病気の進行の具合と体力の消耗度をみるものです。病気の勢いとその人の体力の関係を量的な面からとらえて割...

現代医学が「病気を治す治療法」であるのに対し、漢方医学は「病人を治す治療法」であるといわれます。つまり、現代医学では病名に基づいて治療方針が決定されるのに対して、漢方医学ではその人の体質や体力、抵抗力、あるいは病気の進行の程度を意味する「証」に基づいてそれに最も適した漢方薬を決定するのです。このため、現代医学の目でとらえた場合には同じ病気で、同じ西洋薬を処方されるような場合であっても、漢方医学では...

漢方薬の飲み方

最近は、大学病院や公立の病院でも漢方治療を行うところが増えてきています。厚生省が漢方薬の健康保険適用を承認して以来、漢方治療の基礎的研究もさかんに進められ、現代医学の面からの効果の裏づけがされるようになったからです。漢方薬は、1日分ごとに、生薬を水から弱火でせんじ出します。せんじた漢方薬は、1日分を2~3回にわけて食事と食事の合間に飲みます。漢方薬を効率良く吸収するには、胃に食べ物などが滞留していな...

虚実

虚実は、漢方薬の決定に重要な鍵となる証のひとつです。「虚証」とは、病邪が体内に残っていないにもかかわらず、当人の精気や体力がすでに衰えてしまっている状態をいいます。虚証のタイプの人の特徴として、皮膚や筋肉が軟らかく、やせ型、顔色が青白くて見るからに弱弱しい、ということがあります。このタイプの人には、体力低下を補う漢方薬が用いられます。一方、「実証」は、逆に病邪が体内に残ってはいるものの、精気や体力...

虚証の特徴

近年、西洋医学の面からの裏づけが積極的に進められていることもあり、漢方医学による治療が急速に広がりつつあります。漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「証」には、1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水があります。特に注目されるのが、「虚実」です。虚実とは、患者の体質と体力の質的な充実度を示すもので、基本的、か...

漢方薬の副作用

漢方薬は、全般的に、現代薬(西洋薬、化学薬)と比較して作用が穏やかな薬といえます。副作用も比較的少なく、軽いといわれます。しかしまったくないわけではありませんから、素人判断で用いるのは、禁物です。そもそも漢方薬は、個人の「証」に合わせて用いるのが原則です。当人の証に適していない場合、かえって症状の悪化をまねく恐れがあります。たとえば、虚証の人に対して強力な下剤や発汗薬を用いるのは適していないといえ...

漢方薬と健康保険

漢方治療は、昭和51年に、厚生省が漢方薬の健康保険治療の適用を承認するようになって以来、見直しが行われ、広く普及するようになってきました。しかし、すべての漢方薬に健康保険がきくわけではありません。現在のところ処方数は、147種と限られており、しかも保険診療が認められるのは、これらの漢方薬に対して、医師の処方箋がある場合に限ってです。しかし、過去の治験例からみると、この147種類に限らず、もっとずっと多くの...

漢方薬の得意分野と漢方専門医

近年、西洋医学を用いる医療機関でも、漢方薬を治療に取り入れるところが多くなってきています。現代医学では効果がなかった難病が、漢方医学で改善するという例が実際にあるからです。しかし漢方薬は万能薬ではありません。それは西洋薬と同様です。現代医学が効果をあげている領域、たとえば癌治療など、もありますし、漢方医学が得意とする分野もあります。漢方薬が比較的効果をあげている領域は、以下の通りです。●片頭痛、肩...

せんじ薬とエキス製剤

漢方薬は大きくわけて、せんじ薬とエキス製剤に2分されます。保険診療が認められているのは、エキス製剤(医療用漢方製剤)の、医師の処方箋がある場合についてのみです。したがって病院でもらう漢方薬、医療用漢方製剤となります。これは生薬の抽出エキスを顆粒、細粒、粉末、錠剤などにしたものですが、本来の漢方薬の形である、せんじ薬と比べて効果に大きな違いはありません。せんじ薬、エキス製剤のいずれにしても、古典(「...

陰陽

漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「証」には次のものがあります:1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水漢方医学では、病気というのは体力と病邪の闘いとしてとらえます。陰陽は、この闘いにおける病邪の進行度と体力の消耗度をみるものさしと考えるといいでしょう。漢方医学の重要な「証」のひとつである、虚実が体力の質的...

気・血・水

漢方医学における治療方針の決定(漢方薬の選択)は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「証」としては、1.虚実・・・虚証と実証、2.陰陽・・・陰証と陽証、および3.気・血・水があります。「気・血・水」とは、漢方医学における身体の生理機構を意味する言葉です。漢方医学では、身体が病気に犯されている状態と病気の進行具合を意味する言葉として「病邪侵攻」という言葉は用いられますが、気・血・水で...

風邪と漢方薬

風邪と、ひとくちに言ってもその症状や原因はさまざまです。悪寒(おかん)、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛など、症状はさまざまであり、しかも単独で現れるのではなく、複合的に生じるのが一般です。また、風邪の原因と考えられるウィルスは、100種類をはるかに超えているといわれます。また、細菌や寒さなども風邪の原因となることがあります。漢方医学では、まず、その人の症状から二つのタイプに分けます。体力があって発熱や頭...

薬の併用

抗がん剤などの西洋薬を服用している人が、漢方薬を併用したいと思われる場合もあるでしょう。現代薬と漢方薬を併用することについては、併用することで効果がある場合があります。たとえば、西洋薬によって生じた、副作用が、漢方薬によって軽くなる場合や、西洋薬の薬剤の量を減らされる場合があることから、今後研究が進み、両者の利点を生かした利用ができるようになることが期待されているのです。しかし、その一方で、かえっ...

高血圧症と漢方薬

循環器の病気として、高血圧症、低血圧症、動悸といった症状に漢方薬は一定の効果があります。高血圧症高血圧症の人は、概して身体がしっかりとしたタイプが多く、活動的で、積極的です。これは漢方医学の観点からは、「陽証で実証」と分類されます。そのため、高血圧症に対して用いられるのは、ほとんどが陽証、実証向きの漢方薬です。そのなかで、それぞれの症状に合わせて、適切な漢方薬が選択されます。たとえば、便秘を伴う場...

頭痛と漢方薬

「釣藤散(ちょうとうさん)」は、しばしばお年よりに見られるような、のぼせや肩こり、耳鳴りなどを伴うような、朝の起床時の頭痛などには、効果を発揮する漢方薬です。この薬は、体力は比較的ある人で、動脈硬化、神経症、更年期障害からくる頭痛に悩んでおられる方によく処方されます。「七物降下湯(しちもつこうかとう)」は、体力が低下ぎみの高血圧症に用いられる薬ですが、頭痛も用いられます。ただしこれらは胃腸が強い人...

漢方薬と気管支炎

咳や痰などに悩まされる気管支炎は、つらいものです。特にお年寄りの場合、夜になって寝るときに咳が出てとまらなくなるということがあります。そのような場合、漢方薬が効果を発揮することがあります。お年寄りに限らず、かぜを引くと、熱や関節の痛みなどの他の症状は消えても、咳や痰はなかなか止まらないということがよくありますが、このような場合にも、漢方薬によって症状が改善することがあります。漢方薬は、通常、食前や...

肥満症

肥満症に対して漢方薬は、補助的な役割を果たすに留まります。肥満というのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回った結果、肥満状態になったもので、中性脂肪が必要以上に蓄積した状態です。肥満症を改善するための方法の基本は、食事療法と運動療法です。バランスのとれた食事を摂り、適度に身体を動かすことが大切です。漢方薬は、肥満に伴う諸症状の軽減に効果が期待されます。関節痛や肩こり、便秘、月経異常、高血圧症、など...

糖尿病

現在、糖尿病および糖尿病予備軍といえる人たちの数が増えています。成人の糖尿病は、すい臓から出るインスリンの分泌量が減り、血液中の糖分が正常に分解されないために体内に取り込まれずに、血液中に残ってしまう病気です。そのために尿とともに排泄されることから、検尿で尿糖が出ると糖尿病が疑われるのです。糖尿病になると、毎日インスリンが必要となる人、食事療法で病気の進行を抑える人、など、治療法、対策はさまざまで...

胃潰瘍、胃炎

胃炎、胃潰瘍の場合の漢方薬の使用は症状の改善に効果が期待できます。胃炎や胃潰瘍の人は、みぞおちを軽く押すと抵抗と痛みがあることが多いです。このような症状がある人で、比較的体力が充実している場合、「ハンゲシャシントウ」や「オウレントウ」といった漢方薬が用いられます。一方、体力がない人の場合は、「ニンジントウ」や「リツクンシトウ」が適しているとされます。肋骨とおなかの境の部分を押してみて、抵抗感と痛み...

夜尿症

夜尿症は、複雑な要因がからんで起こります。自律神経系や精神的な要素が強く、しつけも関係します。漢方薬はとても効果があり、また一度効き目があると、それがお子さんにとって自信につながることから、さらに症状が改善することがあります。お子さんのタイプによって処方される漢方薬も異なります。●痩せ型、神経質、昼間にトイレが近いお子さんの場合・・・「ショウケンチュウトウ」、「サイコケイシトウ」●ねぼけることが多く...

子どもの腹痛と下痢

お子さんの腹痛に対して、漢方薬は大いに効果が期待できます。●「ショウケンチュウトウ」という薬が、お子さんの腹痛に対して広く用いられます。冷え症、神経が過敏、疲れやすいといった、虚弱体質のお子さんに用いられることが多いのですが、体力が充実したお子さんにも効果があります。●「トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ」や「トウキシャクヤクサン」は、おなかの冷えが激しい場合に用いられます。●「サイコケイシト...

鼻アレルギー

鼻アレルギーの症状には、くしゃみや鼻づまり、鼻水があります。その他、涙がとまらなくなる、顔や鼻がむずむずする、目がかゆい、といった症状がでることもあります。なかでも毎年、春先になると多くの人が苦しめられる花粉症です。花粉症は鼻アレルギーのなかでも、ある一定時期になると発病することから「季節性」と呼ばれるものです。一方、室内のちりやペットの毛、家ダニなどが原因で起こる鼻アレルギーは、「通年性」といわ...

冷え性

これだけ多くの人、特に女性、が、冷えに悩んでいるにもかかわらず、(不思議なことに)西洋医学には「冷え性」という病名はありません。したがって冷えに効く薬も存在しないのです。そのため冷え性は、漢方薬の効果が非常に期待される領域といえるでしょう。ひとくちに「冷え性」といってもその症状はさまざまです。下半身が冷えるにも関わらず、顔はほてっている、背中や腰に冷えを感じるもの、などです。原因もこれといって特定...

不眠症

疲れていて眠いはずなのに布団に入ると目が覚めてしまう、なかなか寝つけない、寝ても朝早く目が覚めてしまい、一度目が冷めると再び眠りに就くことができない・・・不眠症は、当人にとって非常につらい症状です。悶々としながら布団のなかにいるのは、苦痛というにふさわしいものです。西洋医学の場合は、不眠症ならば睡眠薬を飲むということになりますが、睡眠薬は習慣性や副作用があることから敬遠されがちです。漢方薬の場合は...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。