子宮内膜症の記事一覧

スポンサーサイト

子宮内膜症とは子宮以外で生理が起きること?

通常生理と言うのは、子宮の中にできた子宮内膜が妊娠をする準備をするために毎月増殖・剥離を繰り返しているところに、妊娠が不成立に終わったからと言って体外に排出されることを指しています。子宮内膜症とは、この子宮内膜が子宮以外の場所、例えば卵巣や子宮の表面、卵管付近、腸、肺などにできてしまうことで、そのできた場所で子宮内膜が増殖や剥離を繰り返してしまう病気のことを言います。通常の生理の場合には、子宮内で...

子宮内膜症はどうやって治療するの?

子宮内膜症という病気は生死に関わるような病気ではありませんが、治りにくく、最悪は不妊症になってしまう可能性がある病気です。そうなってしまうとかなり悲しい事態になりますよね。その子宮内膜症の治療方法については、症状の進行度合いにもよりますが、20代~30代と比較的若い世代で出産経験が無い人に関しては薬物治療が施される場合が多いようです。また出産経験が何度かある人や、40代以上の人などは手術をする場合が多い...

不妊の原因のひとつである子宮内膜症

子宮内膜症と言うのは不妊症になる大きな原因のひとつと言えます。通常子宮にできるはずの内膜が卵巣にできてしまうと、卵巣の中で子宮の中で起こるような内膜組織の増殖と剥離が繰り返されるようになるために、卵巣内で生理が起こるたびに出血が起こるようになります。卵巣の中で出血が起きたとしても排出されるところがないために、卵巣内に血液が溜まっていくことになってしまいます。こういった状態のことを「チョコレート嚢腫...

子宮内膜症で出る症状

子宮内膜症は人によってさまざまな症状が出ると思います。まれに症状が全く出ない人もいるのですが、たいていは出るのではないかと思います。子宮内膜症による症状の出方と言うのは、内膜ができてしまった場所やその大きさ、癒着の程度とかによって異なってきますので一概には言えませんが、たいていは月経のときの痛みが強く、ある年齢を境にして急に痛くなり始め、だんだん痛くなってきているという特徴があるようです。また、子...

子宮内膜症を早期発見しよう

子宮内膜症というのは自覚症状が出てくるようになるまでに、時間がかかると思います。またその兆候も見逃してしまう可能性もあります。人によっては生理のときの出血量が多くなったり、おりものみたいな500円玉くらいの大きさのレバー状のものが出てくるようになったりと人それぞれではありますが、兆候はあると思いますので是非普段からチェックするようにしましょう。下記に子宮内膜症に関するチェック事項を挙げてみましたの...

子宮内膜症という病気

子宮内膜症という病気があります。簡単に言うと子宮の内側にできるはずの内膜組織が子宮以外のところにできてしまう病気です。これがどんなトラブルを招くかと言うと正常に子宮の内側に内膜組織が作られると排卵の周期によって起こる剥離された内膜が膣を通り血液と一緒に体外へ排出されます。これを一般的に月経(生理)と呼ぶのですが、子宮以外に内膜組織が作られてしまうと剥離しても体外へ出るための通路がないのでその場に溜ま...

子宮内膜症の治療

子宮内膜症と診断をされたらとても慌ててしまうと思います。しかし慌てずにしっかり治療を受けることが大切になります。治療をするとなると実際に子宮内膜症の治療ってどういうことをするのか分からないために不安になりますよね。その不安を少しでも取り除くように下記に治療内容を挙げてみますのでぜひ参考にしてみてください。【腹腔鏡開腹手術】手術と言っても大袈裟なものではなく、おへその近く辺りに小さい穴を開けた上で、...

子宮内膜症の不正出血について

子宮内膜症になると、生理以外のときに不正出血をするケースというのが増えてくるようになります。不正出血と言うのは子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまうとおきてしまう場合が比較的多いようです。子宮に内膜がある場合には、女性ホルモンの影響によって正常に生理がおきますが、子宮以外に内膜がある場合には女性ホルモンの影響と言うのはあまり受けないので、不正出血という形で出血するようになるということです。また、内...

子宮内膜症と月経

月経時における経血の量は過多月経の目安となる場合がありますが、子宮内膜症を起こしているときは、月経以外のときに経血が起こるようになる場合がありますので、そういったときには異常であると感じて早めに病院に行くようにしましょう。子宮内膜症かどうか疑う場合、まず自分の生理における状況をよく見てみましょう。生理のときにでる経血の量が異常に多いとき、例えばナプキンだけでは足りないからナプキンとタンポンを併用し...

子宮内膜症になりやすい年代

子宮内膜症になりやすい年齢と言うのがあります。しかしなりやすい年齢というよりは、子宮内膜症が見つかりやすい年齢であるということにも繋がると思います。子宮内膜症というのは発症してから自覚症状が出てくるまではかなり長い年月がかかると言われています。しかも、子宮内膜症になる原因と言うのは正確には解明されていないと言う現状もあります。子宮内膜症というのは、子宮内部にある内膜組織が本来あるべき子宮以外の場所...

子宮内膜症で注意をすること

子宮内膜症の予防や対策として日常生活において注意をしなければならないことがありますので下記にご紹介してみたいと思います。子宮内膜症というのは一度治したとしても再発率が高い病気です。そのために治療をした後でも2~3ヶ月に一度は受診をして自分の状態を常にチェックしてもらうことが大切となります。それで再発しなければいいのですが、再発した場合には早期発見のきっかけにもなると思いますので是非行うようにしまし...

子宮内膜症のできる場所

子宮内膜症の中にはチョコレート嚢腫と言うものがあります。なんだかおもしろい名前ですよね。チョコレート嚢腫と言うのは本来子宮にできるはずの子宮内膜が卵巣にできてしまうことを指しています。卵巣の中に子宮内膜ができてしまうと、月経のときに子宮内膜や子宮内膜が剥離されるときに生じる出血などが体外に排出されることが出来なくなってしまうために、卵巣内に溜まっていくことになります。その溜まっているものがチョコレ...

子宮内膜症の症状とは

子宮内膜症の症状にはいったいどういった症状があるのでしょうか?下記に挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。【月経痛】子宮内膜症が原因となっていて起こっている月経痛の場合の特徴としては、かなり痛みが強い生理通で市販の鎮痛剤を使っても全く効き目がないという状態が起こりえます。また年齢を重ねていくことで痛みが強くなってきたり、生理の前後でも痛みが続くようになったり、痛みが腹痛だけにとどまらず...

子宮内膜症の治療方法

子宮内膜症と診断されるにはまず専門機関での検査が必要になります。その上で治療法を決めて治療に入ることになります。まず子宮内膜症の検査方法としては超音波検査、血液検査、CT検査などと言ったような検査方法があります。その治療方法としては簡単に言うと、ホルモン療法を行ったり、手術を行ったりして、患部である病巣を取り除いていくという手術を行います。ただし、病巣を取っただけでは完治はせず、再発する可能性もお...

子宮内膜症の内容について

子宮内膜症の内容について少し説明してみたいと思います。子宮内膜症を発症すると症状が体に出てくるようになるのですが、その症状は子宮筋腫とよく似ていることから子宮筋腫と診断される場合があります。症状として最も一般的に挙げられるのが月経のときに感じる痛みです。病気が進行していくほど市販されている鎮静剤が効かないほど痛みが強くなる場合があります。月経のときに痛みをあまり感じてなかった人がある年齢を境に感じ...

子宮内膜症の意味

子宮の中には、子宮内膜という膜があってそれは赤ちゃんにとってのベッド的な役割を持っています。その子宮内膜が子宮の外にできてしまう病気のことを子宮内膜症というように呼んでいます。病気と言っても、良性である場合が多いのでそこまで心配する必要はないとは思うのですが、まれに悪性の場合もありますので注意が必要になります。また大丈夫だからと放置してしまうと、不妊症の原因にもなる可能性がありますので早めに診断を...

子宮内膜症の治療法について

子宮内膜症になってしまっても慌ててはいけません。まずは医師の診断をあおぎ、その結果を踏まえた上で正しい治療を施してもらうようにした方がいいと思います。では、子宮内膜症の治療法ってどういうものがあるのでしょうか?一般的に子宮内膜症の治療法には薬物療法という治療方法と、手術療法という治療方法の二つに分けられると思います。薬物療法の方法としては、内服で治療する場合黄体ホルモンやダナゾールなどを服用させた...

子宮内膜症は進む病気である

子宮内膜症という病気は、放っておいても治りはしません。放置しておけば放置しておくほど次第に悪化してくるようになります。最初のうちは子宮の後ろ側にある卵巣の表面部分に黒い点のようなものが出てくるようになります。これが病変ですね。その点状のものが子宮内膜症の初期になるのだと思うのですが、月経時に合わせて出血するようになるので正常に出血していない分、下腹部や腰などに痛みが出てくるようになります。そこで排...

子宮内膜症は働く女性に多い

子宮内膜症は忙しく働いている女性に多いと、つまりキャリアウーマンに多いと言われている病気です。 子宮内膜症と言うのは最近よく耳にするようになった病気のひとつで、昔は日本ではあまり症例がなかった病気だったようです。もともとは欧米で多かった病気のようですね。 しかし、近年日本でも子宮内膜症になる人が増加しているようで対策や予防などを考えなくてはならなくなってきているようです。 では、どのくらい増えてきて...

子宮内膜症のチョコレート嚢腫は不妊の原因になる?

子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまう症状のことを子宮内膜症と言いますが、その子宮内膜が卵巣の中にできてしまい、卵巣内部にその後繰り返される剥離や増殖により古い血液が溜まってしまっていく状態のことをチョコレート嚢腫と言うように呼んでいます。子宮内膜が剥離や増殖をするとその時にでる内膜組織や血液が外に排出されないためにどんどん溜まっていき、中がどろどろの状態になり、卵巣が腫れ上がっていくという症状で...

子宮内膜症の検査

子宮内膜症と言う病気は気になるけれども、実際に病院ではどういった検査をするのか気になるところですよね。例えば内診をするときに膣に器具を入れると思うのですがこれがなんとなく気持ち悪くて不快感を覚えずにはいられません。またそれが嫌で婦人科に行かないと言う人も多いと思います。また婦人科の先生が男の先生かどうかと言うのも不安材料なのではないでしょうか。やはり抵抗がある人が少なくありません。そういった人の場...

子宮内膜症の症状について

子宮内膜症という病気を聞いたことがあるでしょうか?これは女性特有の病気のひとつで、本来は子宮の内側なくてはいけない子宮内膜の組織部分が、子宮以外の器官に入ってしまい、なおかつ増殖してしまうという病気になります。ではどこの器官にこの内膜組織が入ってしまうかというと、主なところでは卵管や卵巣、腹腔内、遠いところでは肺にいたるまで本当に色々なところに入ってしまうようです。だいたいは骨盤の中にある臓器部分...

子宮内膜症の発生しやすい年代

女性は男性と違った身体のメカニズムを持っています。女性の生理と言うのは初潮が始まってから閉経するまで、年齢にすると10代~60歳くらいまででしょうか、基本的には毎月生理が来ますよね。生理と言うのは女性特有の生理現象で、子供を産む準備を体がしているということになります。ただ、生理が来ると子供を産むことができると言うことは分かるのですが、そのメカニズムと言うのは難しいところがあるので、まだまだ解明しきれて...

子宮内膜症(チョコレート嚢腫)について

子宮内膜症というのは結構皆さん聞いたことがあると思いますが、「チョコレート嚢腫」という言葉を聞いたことがありますか?この「チョコレート嚢腫」は子宮内膜症と関連性があります。この「チョコレート嚢腫」についてご説明してみたいと思います。「チョコレート嚢腫」というのは子宮内膜症として、子宮内膜が卵巣の内部にできてしまい体外に排出が正常にされないために、古くなってしまった血液が卵巣の中に溜まってしまってい...

子宮内膜症の検査方法と治療方法

子宮内膜症の原因と言うのは、はっきり分かっていないという現状があるようです。はっきり分かっていないというのがちょっと気持ち悪いのですが、一説としては月経のときに体外に排出されるべき血液がきちんと体外に排出されずに身体の中に逆流してしまい、子宮内膜が子宮以外の場所に溜まってしまったり、その他の細胞が子宮内膜のような組織に変化してしまったりする場合があります。また、子宮内膜症になると不妊症の原因になっ...

子宮内膜症とは

子宮内膜症について説明してみたいと思います。子宮内膜症の子宮内膜とは、子宮の内側部分をおおっている粘膜の事を指していて、通常妊娠した場合には受精卵が着床をする場所です。また妊娠をしなかった場合にはこの粘膜が子宮から剥がれて体外に血液と一緒に排出されることになっています。これが月経です。上記のような場合が通常の流れなのですが、子宮内膜症になると言うのはこの子宮の内側にある粘膜組織が、原因は何か分かり...

子宮内膜症と生理痛

子宮内膜症になってしまった場合、放っておかずに治療をしなければ悪化してしまいます。ちょっとした症状を見逃さないためにも常に自分の体に意識を向けることが大切です。例えば見逃してはいけない症状に生理痛が挙げられます。生理痛はあって当たり前と思ってはいないでしょうか?生理痛があるけどそれは生理痛だから平気と思って放っておく人が比較的多いように思えます。しかし、大げさかもしれませんが生理痛があったらどこか...

子宮内膜症の治療経過

子宮内膜症の治療をしたいと思っている人は大勢いると思います。しかし、どのような症状の改善が見られるか不安なところは多いと思います。そこで、ここでは漢方薬治療を行っている人の経過を例に挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。まず子宮内膜症を治療する前の症状です。生理前になるとイライラしてしまったり、食欲が出るようになって食べてもお腹いっぱいにならなくなったり、感情のバランスがおかしくなった...

子宮内膜症になりやすい人

子宮内膜症になりやすい年齢と言うのは20代~40代の女性であると言われています。これは女性の婚期や出産の時期に重なっていると言ってもいいかもしれません。近年、この子宮内膜症を発症している人が増えてきているようで今では12万人を超える女性達が悩まされている病気となっています。ですから私たちもこの「子宮内膜症」という言葉を耳にする事が増えてきているのか、意識の中にあり常日頃検査の必要性を感じずにはいられない...

子宮内膜症とはどんなものなのでしょうか

子宮内膜症と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。この子宮内膜症がどんなものか知っていますか?まず子宮内膜と言うのは子宮の内側部分をおおっている粘膜の事を指しています。子宮内膜の役目としては、受精卵が着床するところと言うもので、精子と乱視が受精して妊娠すると、この子宮内膜に着床します。簡単に言うと受精卵のベッドみたいな感じですね。妊娠をしない場合には毎月1回子宮内膜が剥がれて出血と一緒に体外に排出...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。