性感染症の記事一覧

スポンサーサイト

性感染症【エイズ】

性感染症の病気のなかには「エイズ」と言う病気があります。この「エイズ」は「HIV」と言うエイズの原因ウィルスに感染する事によってかかる病気です。発症はHIVに感染してから大体2~3週間くらいではないかと思いますが、最初のうちは軽めの風邪かな?と言うような症状が出てきます。これが早い人だと数日、遅い人でも2~3ヶ月くらい続くと症状が治まって完治したような感じになるのですが、完治をしている訳ではなくそ...

性感染症【性器ヘルペス】

「性器ヘルペス」と言う性感染症があります。この性器ヘルペスについて下記に説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。性器ヘルペスは男女ともに感染する可能性があります。感染した場合、だいたいは10日以内位に症状がでてくるようになります。男性の症状は包皮や亀頭部分にかゆみを感じたり水ぶくれやただれなどが出来たりして痛みや熱を伴います。女性の症状は大陰唇、小陰唇にかゆみを感じたり水ぶくれやただれな...

性感染症【梅毒】

性感染症の「梅毒」と言う症状について色々と説明してみたいと思います。梅毒に感染した場合、感染後大体3週間~4週間位たつと感染した場所(主に性器とか口とか)に硬いしこりみたいなものが赤くでるようになったり、ただれるようになったりリンパ節のあたりが腫れ上がってくるようになります。リンパ節に関しては感染した場所の近く、例えば性器だったら足の付け根部分、口だったら首筋あたりが腫れてきます。その時点で治療を...

性感染症【淋菌感染症】

「淋菌感染症」(通称「淋病」)と呼ばれる性感染症があります。これは淋菌を病原体としている病気です。淋菌感染症に感染すると大体1週間位で発症するみたいなのですが男女で感じる自覚症状には差があり、男性の場合は排尿痛があったり性器から膿が出たりするので自覚症状として現れやすいですが、女性の場合はおりものが多少増えたり色が黄色っぽいなど気付きにくい症状のため放っておいて悪化させてしまうケースも少なくないよ...

性感染症【性器カンジダ症】

性感染症の病気の中には「性器カンジダ症」と言う病気があります。これはどう言う病気かと言うと、感染してから症状が体にでるようになるまでの期間と言うものは人それぞれみたいなので一概には言えません。早い人もいれば遅い人もいると言う事ですね。症状はあまり出ないので気付きにくいのですが、男性の場合は亀頭部分にかゆみがでるようになったり赤くなってしまったりするようです。女性の場合は外陰部にかゆみがでたり、赤く...

性感染症になった場合の病院費用

性感染症の症状がでるようになったら病院に行くようになります。この病院費用と言うのはいったいいくらくらいかかるかご存知ですか?診察を病院やクリニックなど健康保険が適用される場所で受ける場合には、医療負担は他の病気と一緒なので3割負担になります。この3割を負担する事で治療を受ける事が出来たり薬をもらう事が出来たりするようになります。ただし性感染症の場合保険適用外となってしまう検査や治療法もありますので...

こんな症状があったら性感染症を疑いましょう

男性の場合ですが、こんな症状が出たら性感染症の疑いがありますので注意するようにしなければなりません。【尖ったイボみたいなものがペニスに出来るようになった】こう言う症状が出たら「尖圭コンジローマ」と言う性感染症の可能性がありますので注意しましょう。症状としてはペニスの亀頭部、包皮、陰嚢のあたりにイボみたいな尖った物が出来るようになりますし、女性でも出来るようで女性の場合には膣や外陰部に出来るようにな...

女性がクラミジア感染症にかかってしまった場合

クラミジア感染症と言う性感染症は男女ともにかかる病気です。ここでは女性がかかってしまった場合について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。女性がクラミジア感染症にかかってしまった場合ですが、クラミジア感染症の症状と言うのは比較的軽いようで感染した人の5人に1人の割合でしか症状が体に現れないようです。その症状もおりものが増えたり、下腹部痛があったり、不正出血があったりと言う感じでなかなか...

性感染症【クラミジア感染症】

性感染症の一つである「クラミジア感染症」について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。性感染症で今最も多いと言われているのが「クラミジア感染症」であると言われています。原因となるのは「クラミジア・トラコマーティス」と言うウィルスによって引き起こされるみたいで、昔はトラコーマと言う目の病気で流行ったウィルスのようです。それが目から性器に変わり現在は性器の方が主体となって大流行しているよう...

性感染症とは

性感染症と言う言葉をご存知でしょうか。性感染症と言うのはセックスによって人にうつしてしまう病気の事を指しています。今若い世代の人に「性感染症」と言う感染症が広がっているようです。ですからちょっと性感染症の事について考えてみたいと思います。以下に性感染症の事について挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。まず「HIV」と言うエイズの原因となるウィルス感染について考えて見ましょう。「HIV感染...

性感染症と妊娠への影響

性感染症には妊娠や出産に特に影響する可能性があるものがあります。そういった事をよく知っておく事で性感染症による意識が高まると思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。【梅毒】梅毒に感染すると性器にしこりが出来ます。これは小さくて硬くその後潰瘍になっていくようです。この潰瘍が出来ても痛みを感じないために気付かない場合が多く見過ごしてしまいがちになります。そのまま放っておくと全身に湿疹が出るようになりそこ...

性病と性感染症は違うの?

「性病」と言う言葉と「性感染症」と言う言葉、どちらの言葉も聞いた事があると思いますがこの二つは大体同じ意味で使われていますが、現在では「性感染症」の方を使っている人の方が多いようです。では何故現在では専門家などが現在「性病」と言う言葉を使わないで「性感染症」と言う言葉を使うようになったのかと言うと、1998年に法律上「性病予防法」が「感染症法」に統合された事で「性感染症」と言う言葉が法律上の言葉になっ...

性感染症と妊娠【淋病】

女性にとって妊娠と言うのはとても大切なものだと思います。その妊娠に大きく影響を及ぼしてしまう可能性があるのが「性感染症」です。そこで下記に妊娠に関わる可能性がある「性感染症」について挙げてみたいと思いますので参考にして下さい。「淋病」と言う言葉を聞いた事がある人はものすごく多いと思います。淋病は性感染症の中でもクラミジア感染症の次に感染している人が多いと言われている性感染症です。淋菌と言う最近が侵...

性感染症について【性器クラミジア感染症】

性器クラミジア感染症と言う性感染症があります。この性感染症について下記に説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。まず「性器クラミジア感染症」と言う感染症にかかってしまうと、いったいどういった症状が現れるようになると思いますか?男性の場合からですが、感染をして大体1週間~3週間程経った頃、排尿痛や尿道にかゆみを感じるようになってきます。女性の場合にはおりものが増えるなど特に自覚症状を感じる...

性感染症の検査を受けましょう

性感染症とはとても恐ろしいものです。ですから性感染症の検査を受けるようにして安全で快適なSEXが出来るようにしたいものだと思いませんか?近年、若い人の間に性感染症にかかってしまう人が多いようです。それは性感染症のリスクを感じてはいてもそのままでセックスをしてしまう。コンドームをそのときの欲望に負けて使わないでセックスしてしまうと言った現状がそうさせているのかもしれません。性感染症の中には早期治療を...

男性に多い性感染症

性感染症と一言で言っても実に様々な病気が存在しています。その殆どが性行為によってうつるようです。その中でもここでは男性に多く見られる性感染症について説明してみたいと思います。【淋病】男性によく見られる性感染症で多く挙げられるのが「淋病」と言う病気だと思います。これは淋菌と言う病原体が感染して引き起こってしまう病気のようです。感染してしまうケースとしてはやはり性行為時にあるようで男性器の亀頭部と女性...

性感染症が妊娠に影響する?

性感染症の中には感染してしまうと妊娠や出産に影響が出てしまうものがあります。女性にとっては気になるところですよね。以下にどういったものがあるのか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。【膣トリコモナス症】トリコモナス原虫が感染する事によって発症する性感染症です。主な症状としてはおりものが出るようになり、その色が黄緑っぽく臭いも強いのが特徴です。また性器のあたりに炎症が起こってしまうとかゆみ...

妊娠に影響を及ぼす可能性がある性感染症

性感染症の中には妊娠に影響を及ぼす可能性があるものもあります。下記にその一つを挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。【性器ヘルペス】性器ヘルペスと言う性感染症があります。これはヘルペスウィルスによって感染するもので、最初感染したときにはあまりの痛さに耐え切れず、場合によっては日常生活が出来なくなる程の痛みになる場合もあるようです。ですから入院をして治療をすると言うケースもあるようです。で...

妊娠と性感染症

性感染症はセックスを解して感染する事が多く、女性の場合感染してしまうと不妊、流産、子宮外妊娠に大きく影響してしまう可能性があるのです。ですから出来るだけ妊娠前に検査をして感染しているならパートナーも一緒に治療するなど早期の対応が必要になると思います。下記に主な性感染症の事について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。まず「クラミジア感染症」と言う性感染症があります。比較的10代~20代...

性感染症で病院に行くタイミングはいつがいいか?

もしかして自分は性感染症かな?って感じている場合、どういったタイミングで病院に行けばいいのか分かりませんよね。例えばおりものが最近多いな、なんとなく黄色いな、性器にかゆみを感じるようになったなとか普段と比べて少しでも変化を感じたらたとえ何でもなくても病院に行く事がいいと思います。病院は女性の場合には婦人科で診てもらう事が出来ますし、男性の場合には泌尿器科で診てもらう事が出来ます。また今セックスをす...

性感染症を防ぎましょう

性感染症を防ぐためにもっとも効果的と言われている方法は性交をするときにコンドームを必ず使用すると言う事です。何故コンドームかと言うと、性感染症の病原体となっているものは性器の中だけではなく口の中にもあると言われています。ですからセックスをした場合、オーラルセックスをした場合にでも感染する可能性が出てくると言う事になります。こうなると一番いいのはセックス自体をしない事だと言う事になりますが、そう言う...

女性と性感染症

近年、性感染症にかかってしまう女性が増加している傾向があるみたいなのですが、何故だと思いますか?まず女性性器の構造を考えてみましょう。性器は内側の部分が粘膜で覆われていますので感染しやすい構造であると言われています。また女性性器の中身は膣から子宮、卵管などと繋がっているため膣から入った細菌が子宮の方まで広がってしまう可能性があると言う事になります。女性は性感染症の症状が出ても気付かない人が多いため...

性感染症と言うのはどんなものなのでしょうか?

性感染症と言うものは、性行為をして感染してしまう病気の事を総称して呼んでいます。以前は「性病」と言うようにも呼ばれていたので聞いた事がある人も多いのではないかと思いますが、イメージ的には「遊んでいたり、不特定多数の人と性交渉を持っている人だったりがかかる病気」と言うようなイメージがあってなんとなく自分とは縁がなかったように思えます。この「性病」の代表的な病気と言うと「淋病」「梅毒」などがありますが...

性感染症から自分を守りましょう

性感染症とは自分で自分の身を守らなければならないものだと思います。そのために最低限必要な事はセックスをするときにはコンドームを必ず着けた方がいいと言う事です。性感染症にかかって発症していたとしても自覚症状があまりないために発見が遅れてしまいがちになるケースが多く、発見が遅れるとその分治療も遅くなるので完治も遅くなります。ですから自分で予防する事が大切になってくるのです。そこで先程記述したコンドーム...

性感染症の予防法

性感染症と言うのは自覚症状があまり出ないために自分自身でなかなか気付かないパターンが多く、そのために自分で予防する事が最善策ではないかと思います。性感染症を予防するために一番いいと言われている方法としてはセックスの最初から最後までコンドームをきちんと使うと言う事だと言われています。またオーラルセックスをするときでも口から感染する場合もありますのでコンドームをやはり着けておいた方がいいと思います。じ...

性感染症予防にコンドームを使おう

性感染症を予防するためにはコンドームを使う事が最も効果的だと言われていますが、ただ使えばいいと言う訳ではなく、正しく使わなければ効果も発揮しないと思います。そこで下記にコンドームの正しい使い方について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。まずコンドームは天然ゴムのものではなくラテックスのものを使う事をお勧めします。天然ゴムのコンドームは防御力が弱くHIVやウィルスに対しての予防には向い...

妊娠に影響が出る性感染症【カンジダ膣炎】

性感染症の中には妊娠に影響がでてしまう感染症もあると言う事をご存知ですか?女性にとって妊娠と言うのはとても大事な事だと思います。それに影響がでてしまうと言う事になると大変な事ですよね。ですからどういった感染症があるのか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。【カンジダ膣炎】カンジダ膣炎と言う性感染症があります。これはカビの一種であるカンジダが膣の中に入ってしまい、そこで繁殖をする事によって...

性感染症と言う病気

性感染症とは性行為によって感染してしまった病気全般の事を指しています。つまりセックスをしてうつしてしまった病気と言う事になります。その中で特に知られている病気はHIV感染症と言うものがあります。その他には性器クラミジア感染症、淋菌感染症、梅毒、性器ヘルペスなどがあり、こういった感染症に感染しているとHIV感染症と言うエイズの原因にもなってしまう感染症にもかかりやすくなると言われています。この性感染...

STDとSTI の違い

「性感染症」と調べたときに「STD」と「STI」って言う言葉が出てくると思うのですがいったいどう言う意味だと思いますか?これは何か意味が違うものなのでしょうか? 「STD」はSexually Transmitted Diseasesの頭文字を取ったもので、「STI」はSexually Transmitted Infectionsの頭文字を取ったものです。どちらも意味は「性感染症」と言う意味なのですが、敢えて違いを出すのであれば文字の意味が違うと言うところかもしれません...

膣に関する性感染症

膣に関する性感染症の症状はいくつかあります。どういったものがあるのか下記で説明してみたいと思います。【細菌性腟炎】「細菌性腟炎」は人によって感染してから症状がでてくるようになるまでの期間は早い人もいれば遅い人もいるなどバラバラです。症状がでるようになったとしても女性特有のおりものが少し出るくらいなど比較的軽い事が多いです。また症状として現れない場合もありますので感染している事自体気付かない可能性が...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。