花粉症 対策の記事一覧

スポンサーサイト

花粉症対策とヨガ

花粉症対策として注目を集めているものの一つにヨガがあります。ヨガは近年健康やダイエットを目的として女性を中心にブームを巻き起こしました。ヨガは体のゆがみを正し、肩こりや疲労をとるとともに、精神的にリラックスする効果があります。心に安らぎを与えることにより免疫バランスを整えます。免疫バランスは花粉症の症状と密接に関わっており、実際にヨガを始めたことで花粉症の症状が大きく改善されたという人が少なくあり...

花粉症対策とストレス

花粉症の症状を悪化させる原因の一つにストレスがあります。ストレスによる病気は数多くあり身体に悪いということは周知の通りですが、花粉症も例外ではありません。花粉症は花粉という抗原に対して免疫力が過剰に働くことで起こるものです。ストレスは抗原と似た働きをするため、ストレスを感じると免疫力が過剰に働きます。免疫力が過剰に働くことで、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質を出しやすくしてし...

花粉症対策とスキンケア

花粉症が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しいスキンケアを行うことが重要な対策です。まず、低刺激の化粧水でしっかりと保湿をし、化粧をする場合は下地をしっかりと、ファンデーションは薄めに押さえるようにのせます。花粉のつきやすい油性のものは避けます。花粉症の人はシンプルな化粧を心がけ、アイメークはアイライン、マスカラ程度にして、色物は避けます。ノーメイクでは花粉が直接肌に触れ、かえって...

花粉症対策と肌

花粉症の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。花粉症の時期は空気が乾燥し、紫外線も強くなってきています。そこへ花粉の刺激が加わることで顔がかゆくなったり、部分的に肌荒れを起こしたりするのです。花粉症の薬には皮脂量を増やす作用があるため、ニキビが悪化することもあります。皮膚はもともとバリア機能を備え持ち、外からの刺激をまともに受けないようになっています。バリア機能が高い健康な...

花粉症対策と鼻

花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。この症状は、くしゃみで鼻に入ってきた花粉を外に追い出し、鼻水で花粉を鼻の外へ流し、鼻がつまることでこれ以上の花粉が入らないよう防御するという人体に備わった防御反応です。この防御反応には個人差があり、反応が全く出ない人もいれば、過敏に反応が出るという人もいます。くしゃみ、鼻水、鼻づまり...

花粉症対策と目

花粉症の目の不快な症状は季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。花粉症の目の症状はかゆみとともに目やにや涙が出て、ひどくなると痛みをともなうこともあります。目の花粉症を防ぐ対策は花粉が目に入らないよう、また入っても貯蓄しないように気をつけることが重要です。そのためには外出時にサングラスや花粉対策眼鏡などを着用することが効果的です。...

花粉症対策とプロポリス

プロポリスとはミツバチが樹木から集めた葉や花粉を唾液とともに噛み続けてワックス状にした天然の物質です。プロポリスにはフラボノイド、鉄、銅、マグネシウム、亜鉛、アミノ酸、ビタミンA、B群、C、Eなど多くの栄養成分が含まれています。その中でもフラボノイドは20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。その働きによって体内に侵入してきたウィルスや細菌を撃退し、風邪を含む様々...

花粉症対策とサプリメント

花粉症の症状を抑えるには医師が処方する医薬品が効果的ですが、医薬品の副作用や病院に行く手間を考えて医薬品以外の対策を考える人が多くいます。食生活に気をつけることも大切なことですが、日常の食事だけでは必要な栄養素が不足してしまう場合があります。現代では野菜などの食品に含まれる栄養素が低くなっているのも実情です。昔と同じ栄養を今とろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。そこで足りない栄養...

花粉症対策と家電製品

近年、花粉症対策のさまざまな家電製品が発売されています。年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。空気清浄機もその一つで、これは室内の花粉などを空気から除去するもので、窓を開けられない花粉飛散時期でも室内の空気を清潔に保つことができます。最近では加湿機能や花粉専用のフィルターがつくなど高性能なものや、デザイン性にも優れたものが増えています。空気の乾燥は花粉症の症状を悪化させるた...

花粉症対策と空気清浄機

花粉症の季節にはどんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。部屋の中に入ってしまった花粉を取り除くためには空気清浄機を利用するのもよい方法です。空気清浄機とは空気中の目に見えない粒子や臭いを除去するための空調家電製品です。かつてはタバコの臭いやペットの臭いを取り除くためのものでしたが、最近では花粉症やアレルギーの増加によって一般家庭での利用が拡がってきました。花粉症対策と...

花粉症対策と鼻呼吸

花粉症対策の一つとして「鼻呼吸」が注目を集めています。以前から鼻呼吸を提唱している西原克成医学博士は、口呼吸がさまざまな病気の原因であるとの考えから、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などさまざまな病気に対して鼻呼吸を行う治療をし、実際に効果を上げているということです。鼻から空気を吸う「鼻呼吸」では、鼻腔を通る間に埃や細菌などの異物が除去され、同時に加湿されます。その空気は肺で酸素を吸入しやすい状態になり...

花粉症対策と漢方薬

花粉症の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として漢方薬があります。漢方医学的にみると花粉症は体から鼻水、涙などの「水」が噴出している状態であり、つまり「水毒」であると考えられています。花粉症の治療や体質改善を目的として処方される漢方薬には次のようなものがあります。まず、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)。花粉症に「冷え」は大敵ですが、これは身体を温めて寒気を取り除き風邪を発散する作...

花粉症対策と体質改善

同じように花粉を吸っていても花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。これは体質の違いによるもので、体質を改善することは重要な花粉症対策の一つです。体質改善には日常の生活習慣を見直す必要があります。食生活では肉類や乳製品を控え、魚や野菜、穀類を多くとるように心掛けます。高たんぱく高カロリーの欧米型の食事ではなく、昔ながらの和食は体質改善に最適です。そして十分な睡眠をとり規則正しい生活をすることも...

花粉症対策と東京都

1963年に日本で初めてスギ花粉症の患者が報告されて依頼、スギ花粉症の患者数は年々増え続けています。そして現在スギ花粉や他の花粉症の患者を合わせると数千人の数にのぼると言われています。花粉症には様々な原因が考えられていますが、国や自治体レベルで取り組まなければいけない対策が多くあります。東京都では総合的な花粉症対策を推進するために2005年に花粉症対策本部を設置しました。花粉症対策本部では「花粉の...

花粉症の予防対策

花粉症は通年性の病気ですが、スギを原因とした花粉症は春がもっとも症状の出やすい季節です。体調管理や体質改善などでシーズンオフから予防対策することで、翌年の花粉症の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。毎年秋になると翌年の花粉飛散予測が発表されます。基本的に猛暑であればあるほど翌年の総飛散量は多くなり、暖冬だと飛散時期が早まります。花粉症治療をする場合は症状が出てからでは手遅れで、少なくとも花粉の...

花粉症対策と花粉症緩和米

現在、日本で1700万人以上が苦しみ、もはや国民病ともいえる花粉症対策は国や自治体レベルで取り組む問題となってきています。農林水産省では所轄の研究所で「スギ花粉症緩和米」の開発にむけて研究を行っています。この「スギ花粉症緩和米」とは食べるだけで花粉症の症状がよくなるという便利で画期的な米です。そのしくみは米の遺伝子を組み替え、中にスギ花粉の抗体を入れ込んだ米をつくるというものです。そしてその米を毎日食...

花粉症対策とこども

花粉症が日本で発見されて40年余りが経ちましたが、今では「国民病」といわれるまで患者数が増えました。花粉症が注目を集めた頃は「小児に花粉症はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子どもの花粉症は全く珍しくありません。子どもの患者は学童期以降になると増える傾向にあります。3歳の花粉症患者も当たり前で、1、2歳の幼児でも目をかゆがったり、鼻水が出て鼻をかゆがる症状がみられます。花粉症は低年齢化に...

花粉症対策と妊婦

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで花粉症でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に花粉症が治ったりすることがあります。妊娠するまでは薬を飲む、注射を打つなどして対処してきた人も、妊娠中は胎児への影響を考えると安易に薬に頼ることはできません。実際に花粉症の薬の中に妊婦が飲んではいけない成分が含まれていることもあります。しかし妊娠中という心身ともにデリケートな時期に、花粉...

花粉症対策と外出

花粉症の人は花粉の飛散時期にはできれば外出したくないものですが、現実にそうは言っていられません。花粉症の時期の外出にはしっかりと対策をする必要があります。花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることでほとんど抑えることができます。それには眼鏡とマスクが必須アイテムです。眼鏡は目の粘膜に花粉が付着するのを防ぐことができます。近年、花粉症対策メガネも発売され...

花粉症対策と掃除

花粉症対策の基本はこまめに掃除をすることにあります。どんなに部屋を閉め切っていても、わずかな隙間から花粉は侵入しています。そして外干しした布団や衣類、外出から戻った家族からも持ち込まれています。できるだけ花粉の少ない快適な部屋で過ごすために、この季節は毎日の掃除を特に念入りにすることが大切です。花粉飛散量が最も多い時間帯は昼の12時前から午後3時と日没直後といわれています。夜の間は飛んでいません。...

花粉症対策と洗濯

花粉症の季節、花粉症の家族がいる場合は洗濯方法にも対策が必要です。風が気持ちのよいよく晴れた日は洗濯日和ですが、洗濯日和は同時に花粉日和でもあります。また午後1時から3時は気温も上がり、洗濯物の最も乾きやすい時間帯ですが、それも同時に花粉が最もよく飛んでいる時間帯でもあります。晴れた日のこの時間帯には洗濯物はできるだけ室内に干すか、乾燥機を利用するなどして花粉が付着するのを防ぎます。しかし現実に毎...

花粉症対策とマスク

花粉症の季節になるとマスクをかけて外出している人を多く見かけます。マスクは花粉症対策グッズとして欠かすことのできないアイテムの一つです。マスクの役割は花粉やほこりなどの異物が鼻や口から入り込むのを防ぐことです。花粉症の季節はインフルエンザの流行の時期でもあり、花粉を防ぐと同時にインフルエンザや風邪の予防にもなります。またマスクを装着している本人がクシャミや咳をした時に周囲を不快な気持ちにさせないと...

花粉症対策と眼鏡

花粉症による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要です。それには眼鏡の着用が有効で、花粉飛散時期の外出には必ず眼鏡を着用し、さらに帰宅したら洗眼、目薬をすることで目のかゆみや炎症を予防することができます。近年では花粉対策ゴーグルが開発され注目を集めています。それはレンズのサイドにカバーがついたもので、目と眼鏡の隙間から花粉が入るのを完全に防ぐことができるようになっています。近年で...

花粉症対策とハーブ

ハーブは自然療法の一つとして長い歴史があり、世界中で多くの人に信頼されてきました。アロマセラピーが植物の芳香成分を抽出してできた精油を活用するのに対し、ハーブ療法は植物全体をそのまま活用するものです。ハーブは療法として用いられるだけでなく、料理のスパイスや化粧品の原料としても私たちの生活に欠かせないものになっています。欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くからハーブが用いられていました...

花粉対策とアロマセラピー

花粉症の対策の一つにアロマセラピーによる方法があります。アロマセラピーとは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。現在では香りや癒し効果にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。花粉症の患者に処方される薬は副作用の出るものが多く、副作用が生活に支障をきたす場合も少なくありません。副作用の少ないアロマセラピーは近年多くの医療機関で取入れられています。アロマセラピーの精油はアロマショッ...

花粉症対策とお茶

花粉症の季節になると花粉症対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものを次に取り上げました。まず緑茶、これに含まれるカテキンはがん予防としての効果が知られていますが、花粉症にも効果があることが分かってきました。しかし効果を得るためには大量に飲む必要があります。大量飲めない人はうがいに利用したり、カテキン成分を抽出したサプリメントで摂取する方法もあります。甜茶は花粉症対...

花粉症対策と乳酸菌

花粉症対策のひとつとして最近話題となっているものに「乳酸菌」があります。乳酸菌は私たちにとって有益な微生物の一つでさまざまな種類があります。乳酸菌にはそれぞれ特性があり、その特性を活かしてヨーグルト、チーズなどの乳製品、また味噌やキムチなどの発酵食品に利用されています。これまで乳酸菌といえば腸内環境を整えて便通をよくする働きが知られていました。近年では飲料会社の研究により花粉症の症状を軽減する機能や...

花粉症対策と身近な食品

花粉症の人が積極的にとりたい食品は「温性食品」です。温性食品とは基本的に秋冬が旬のもの、根菜類、薬味などがあたります。具体的にどんなものがあるかというと、野菜では、ネギ、ピーマン、タマネギ、ニンジン、レンコン、ショウガ、ニンニク、ジャガイモなど、肉なら、鶏肉、羊肉、魚なら、アジ、フグ、ウナギ、エビ、サバなどです。こういった食品は身体を温める性質があり、「冷え」が大敵である花粉症に効果が期待されます。ま...

花粉症対策と食生活

花粉症の原因の一つに食生活があげられます。戦後の日本ではそれまでの魚と野菜中心の食生活に代わって、肉や魚を中心とした高たんぱく、高脂質の欧米型の食生活が急激に広がっていきました。この欧米型の食生活が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えているのです。油の問題もその一つです。日本人はもともと油をあまりとらない人種ですが、食生活の欧米化にともない...

花粉症と対策グッズ

最近では毎年花粉の季節が近づくと、デパートや薬局には花粉症対策グッズが目白押しの状態です。洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。現代花粉症は多くの人が患う国民病であり、花粉症で苦しむ人にとって対策は重要です。対策グッズが多く出ているということ事態は喜ばしいことなのですが、用心するべきことも多くあります。それは国民病とまでい...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。