リウマチの記事一覧

スポンサーサイト

福祉制度の利用について

関節リウマチの病気を持っていても地域で暮らしながら治療を進められるように、生活を支える様々な福祉制度が設けられています。関節リウマチの患者さんが利用できる福祉制度には、身体障害者を対象としたもの、高齢者を対象としたもの、難病患者を対象としたものなどがあります。身体障害者を対象としたサービスを利用するためには、まず身体障害者手帳を取得することが前提となります。手帳取得の手順として、まず居住地の役所(...

関節リウマチの合併症

慢性関節リウマチは、全身の関節に炎症が起き痛む事が最もつらい病気ですが、肺、腎臓、胃、皮膚、神経、貧血など様々な内臓に合併症を伴いやすい病気です。おもな合併症とその症状には、以下のようなものがあります。 ●皮下結節…肘や後頭部などの皮下に、大豆ぐらいの大きさの硬いしこり(痛みはない)ができます。●心膜症…心臓を包む膜(心膜)に炎症が起きます。●胸膜炎…肺を包む膜(胸膜)に炎症が起きます。●肺線維症…間質が...

手術療法について

関節リウマチでは一般に、薬物療法やリハビリでは病気の改善が難しく、手術をすれば生活の質(QOL)を向上できる場合に、手術療法が検討されます。関節リウマチに対する手術療法は、関節破壊が起こる前に炎症部分を取り除く手術と、破壊された関節に対する手術の2つに分けられます。前者は、炎症を起こしている滑膜を切除して病気の進行を抑える目的で行なわれる「滑膜切除術」です。主に手の指、手首、肘、肩などの関節に行なわれ...

装具療法について

関節リウマチのリハビリの中に、装具療法という治療法があります。装具には、関節の安静を保ち炎症を鎮める効果、関節の変形の進行を予防する効果、関節にかかる負担を軽減する効果などがあります。つまり、装具を装着すること自体が治療となるのです。関節リウマチの関節変形は個人差が大きいため、画一的な装具で患者さん全体に対処するのは困難です。そこで装具は、強固な固定や過度の変形矯正は行なわないこと、患者さんが自分...

運動療法のポイント

人間の体は、動かさないところから弱っていきます。とくに関節や筋肉、骨は、動かすことによってそれぞれの機能や新陳代謝が正常に維持され、強化されます。関節リウマチの患者さんは、体を動かさずにいると、関節の働きがますます低くなり、体を動かすために必要な筋肉も減って、骨が弱くなっていきます。動かないままでいると、やがて手足の関節や筋肉が固まって、動けなくなってしまいます。それを防ぐために、関節の機能を維持...

関節リウマチにおけるリハビリ

関節リウマチの治療法には薬物療法、基礎療法、リハビリ、手術療法があります。治療の中心となる薬物療法とほぼ同時に、リハビリが行なわれます。リハビリは、症状の改善と、生活の不自由さの改善、つまりQOL(生活の質)の向上を目的としています。リハビリの内容には、「理学療法」「運動療法」「作業療法」「装具療法」の4つがあります。このうち、関節リウマチの痛みや腫れ、こわばりをやわらげる方法は、理学療法にあたりま...

ステロイド薬について

ステロイド薬は、抗炎症作用と免疫抑制の作用が強力で、劇的に痛みを抑える効果があります。しかし、大量に使ったり、長期にわたって使い続けると、重い副作用が出ることがわかっています。しかも急に薬を中止すると、リバウンドといって症状を悪化させることがあります。そのため関節リウマチの患者さんには、血管炎や胸膜炎などの重い全身症状がある場合に限って、ステロイド薬が使われることが一般的です。しかし最近では、抗リ...

非ステロイド抗炎症薬について

非ステロイド抗炎症薬は、関節リウマチの治療によく使われる薬です。この薬には炎症を抑えるとともに解熱や鎮痛の作用があり、他の関節痛や筋肉痛など、痛みを伴う病気の治療に広く使われます。ほとんどの場合、薬を服用してから1~2時間後という早さで効果があらわれ、炎症を抑える効果も並行してみられます。そのため、初期の関節リウマチや、軽度の関節リウマチ患者には、非ステロイド抗炎症薬を使って痛みが抑えられ、この薬...

抗リウマチ薬について

関節リウマチに使われる薬のタイプは大別すると「抗リウマチ薬」「非ステロイド抗炎症薬」「ステロイド薬」の3種類です。病気の発症と免疫の関係が解明され、関節リウマチは自己免疫疾患であると考えられるようになり、現在では早期から、免疫に働きかける「抗リウマチ薬」を使うようになっています。「抗リウマチ薬」は、免疫に働きかけて関節の炎症を抑え、病気の進行を抑えることができる薬です。しかし、痛みを鎮める働きや、...

膠原病について

人の体は何億という小さな細胞から出来ています。この細胞がばらばらにならないようにつなげる役割をしているのが「膠(にかわ)」つまりコラーゲンというたんぱく質の一種です。膠は皮膚、筋肉、骨、軟骨、靭帯・・・とほぼ全身にあります。そして全身の皮膚や筋肉、関節、血管などが侵される病気を、総称して膠原病(膠に原因がある病)と呼ぶようになりました。膠原病には慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多...

リウマチ熱

よく「リウマチ」と言われているのは関節リウマチのことで、「リウマチ熱」は別の病気です。リウマチ熱は、特に関節と心臓に起こる炎症で、連鎖球菌による喉の感染症の合併症として起こりますが、感染症ではありません。感染症に対する炎症反応と考えていいでしょう。5~15才の子どもに多い病気で、男女差はありません。連鎖球菌感染による喉の炎症が治まった2~3週間後に症状が始まります。最初によく見られる症状が、関節痛...

関節リウマチ 鍼灸治療

鍼灸治療と言えば、まず肩こり、腰痛あたりがイメージできるのではないでしょうか。実際に、肩こり、腰痛に加えて膝の痛み、股関節の痛み、寝違い、ぎっくり腰、全身疲労などで治療を受ける人が多いようです。中には、しつこい頭痛や胃の不調、眼の疲れを訴えて通う人や、生活の質(QOL)の向上のために通うリウマチ患者さんもいるそうです。産婦人科によっては逆子治療にも鍼灸治療を取り入れているとも聞きますから、鍼灸はずい...

関節リウマチ 妊娠・出産

関節リウマチの患者さんは女性の、しかも30~50代に多いこともあり、妊娠・出産への影響に悩む人も多いようです。この病気を発症し、治療を受けている患者さんでも、お医者さんの指示を守れば妊娠・出産に問題はないと思われます。一般的な妊娠の条件として、病状が安定していること、腎臓や心臓など内臓に重大な病変がないこと、副作用の考えられる薬を中止することが挙げられます。妊娠を希望する場合には、胎児への影響(奇...

関節リウマチの新薬

関節リウマチの薬には、まだ病気の原因から治す薬はありません。主に病気の症状を改善する対症療法の薬として抗炎症剤、抗リウマチ薬、ステロイド剤の3種類があります。関節リウマチの薬物療法では、これらの3者をバランスよく使用して治療を進めます。しかし、これらの薬では効果が充分に得られない患者さんも多く、新しい治療法の開発が期待されてきました。そんな中、関節リウマチの炎症の促進にもっとも関わりのあるTNFαとい...

関節リウマチ 運動の必要性

以前は、関節リウマチにかかるとまず安静にすべきであると考えられていました。しかし「痛いから」と言って体を動かさないでいると、関節が動かしにくくなり、全身の筋肉が衰え、ついには寝たきりになってしまうおそれもあります。そのため今日では、関節の可動域をできるだけ保ち、筋力の低下を防ぐための運動療法が有効であると認められています。関節の運動では、少し痛みを感じるところまで我慢して曲げ伸ばしすることが必要で...

血液検査のポイント

関節リウマチの診断にあたっては、「診断基準」のチェックに加えて、触診、エックス線検査、血液検査、尿検査、関節液検査を行ないます。これらの検査結果により、体内で起きている様々な変化や薬の副作用の有無、類似した病気との区別などを知ることができます。その中の「血液検査」におけるポイントを以下に挙げてみます。・赤沈…代謝異常や組織の炎症があると赤血球の沈降速度が早くなり、関節リウマチの程度や治療の効果を見...

慢性関節リウマチ 基礎療法

慢性関節リウマチの治療方法は、基礎療法、薬物療法、リハビリテーション療法、手術療法と大きく4つに分類されます。4つの治療法の中で、土台となるのが基礎療法になります。患者さん自身が毎日の生活をどのように送るべきかという基本的な療法です。まず自分の病気を正しく知ることです。慢性関節リウマチは、一人ひとり症状も病気の進行も異なります。自分のリウマチの性格を知って、どういう生活を心がければいいのかを理解す...

関節リウマチと白血球除去療法

全身の関節に炎症が起き、関節の骨が破壊され、やがて変形し、日常生活に支障をきたす関節リウマチ。患った人にしかわからない、つらい痛みに苦しめられるこの病気にも、画期的な薬が開発されています。しかしそれらの薬も使用しているうちに効果が減弱してきたり、副作用の影響で薬が使えなかったりする人もいます。その場合に有効であると考えられているのが、白血球除去療法です。実際にそれくらいの効果があるのでしょうか。白...

関節リウマチ レーザー治療

関節リウマチを治療する上で患者さんから求められるものは、まず痛みを取り除くこと。そして関節組織の破壊をくい止めることではないでしょうか。これらを目標とする治療は非ステロイド性抗炎症薬や抗リウマチ薬がその中心ですが、薬によっては長期にわたって投与した場合の副作用を無視できません。そんな中、レーザー治療は全身性の副作用がなく(少しだるさを覚える程度)、リウマチの進行を抑制したり、腫れ、こわばり、痛みを...

若年性関節リウマチ

若年性関節リウマチは多彩な症状を示すことがあるため、大人の関節リウマチとは区別されています。患者が小児である場合、以下の点について大人の関節リウマチとは異なります。●小児に使用できる薬が限られているため、リウマチの活動性を抑えるのが困難になります。●若年性関節リウマチは全身性の炎症のため、いろいろな成長障害が起こります。 身長について言えば、リウマチの活動性が続いている期間が長いほど標準と比べて身長...

若年性関節リウマチの症状

お子さんから「骨が痛い」と訴えがあると、「うちの子、小児リウマチではないかしら」といわれるお母さんがいらっしゃいます。その痛みがわかってあげられないだけに、子どもの病気や怪我は親にとって大きな心配ごとです。まず痛がっている部分はどこでしょうか。膝が夜間に痛む場合は「成長痛」であることが多いです。成長痛とは、骨がまだ成長の途中でしっかりと固まっておらず、飛び跳ねたりすることで膝が刺激を受け、痛みが生...

関節リウマチの原因として考えられること

なぜ関節リウマチが起こるのか、病気の原因は今のところすべて解明されたわけではありませんが、免疫システムの異常がかかわっていることが明らかになってきました。免疫とは、病原体などの異物(「抗原」といいます)が体内に侵入してきたときに、異物を攻撃する武器(「抗体」といいます)を作って、異物を対外へ排除するシステムのことをいいます。この免疫システムになんらかの異常が起きると、様々な病気を引き起こします。例...

リウマチに対する温泉の効果

季節が秋から冬へと向かうと、温泉に行きたくなります。露天風呂につかりながら、季節の移ろいを感じる・・・日常の嫌なことを忘れて心も体も癒されるひと時ですね。体の調子を整えるために行く人、心のリフレッシュのために行く人、温泉へ向かう目的は人それぞれです。ところで、温泉の効能として「関節痛」「リウマチ」その他にも様々な症状が書かれているのを見たことはありませんか。具体的にどのような効果があるのでしょうか...

女性に多い関節リウマチ

関節リウマチの患者さんのうち、およそ80%が女性です。全国で70万人と言われる患者さんのうちの80%ですから、女性としては不安をあおられるような数ですよね。なぜ女性に多く発病するのでしょうか。実は関節リウマチに限らず、膠原病の代表格である「全身性エリテマトーデス」などを含む自己免疫疾患の多くが、男性より女性に多くみられるのです。その理由については、女性ホルモンと妊娠・出産の影響が指摘されています。女性ホ...

リウマチは遺伝するのか?

「私の母はリウマチを患っているけど、遺伝するのかしら?」このように、家系にリウマチの患者さんがいる人は特に不安も大きいでしょう。そうでなくても、いまや全国で70万人を超える患者さんがいるという病気ですから、自分が関節リウマチにかかりやすいのか気になる人はたくさんいると思います。関節リウマチの原因として免疫の異常があります。関節リウマチの患者さんには、DR4というたんぱく質で作られたHLAという遺伝子...

リウマチとは?

ほとんどの人が「リウマチ」という言葉を聞いたことがあると思います。でも「お年寄りがかかる神経痛のことかしら」と答える人もいるようで、リウマチという病気は正しく理解されていないのが実状のようです。たしかに、これまで全身の関節や、関節周囲の骨、筋肉などが痛み、それらの機能に障害が起こる病気のすべては、原因ががわからなかったために漠然と「リウマチ」と呼ばれてきました。「リウマチ」は正しくは「リウマチ性疾...

関節リウマチの自覚症状

自覚症状とは、患者さん自身が体験し、認めている症状のことで、診断する際の大切な要素となります。関節リウマチの患者さんは、どんな症状を体験し、異変を感じているのでしょうか。まず手の指では、第二関節(指先から2番目の関節)と第三関節(指先から3番目の関節)から腫れてくるのがこの病気の特徴です。このため、指輪が抜けなくなった、または入らなくなった、という訴えがよく聞かれます。また物を握る、絞るという動作...

関節リウマチの進行

関節リウマチは、関節に慢性的な炎症が起こり、痛みや腫れが生じる病気です。炎症が長引くと、関節周囲の骨や軟骨などが破壊されていきます。【初期】関節を包む「滑膜」という組織に炎症が起こることから始まります。炎症により滑膜が増殖し、厚く腫れ上がります。関節液が大量にたまり始め、こわばりや痛み、熱感が現れ始めます。【中等度】滑膜が増殖し、軟骨を侵食していきます。関節周囲の筋肉が萎縮し始めますが、関節自体の...

関節リウマチの診断基準

関節の痛みを伴う病気は、関節リウマチに限らず、多種多様に存在します。そのため、関節リウマチを診断するには以下のような基準(アメリカリウマチ学会による)が設けられています。●起床時に関節のこわばりがある●3箇所以上の関節に腫れがある●手首や手指の関節が腫れている●関節の腫れが左右対称にみられる●手のエックス線検査で異常がみられる●皮下にしこりがある●リウマトイド因子が陽性である以上のうち、症状に照らして4...

関節リウマチ 関節の異変

ちょっと風邪をひいたときなどに、発熱に伴って体の節々が痛むことがありますね。このように関節の痛みは珍しい病気ではありませんが、やはりまず気になるのは「関節リウマチ」でしょう。関節リウマチの場合、異変は手指などの比較的小さな関節から始まります。最初は、じっとしていれば痛みは激しいわけではありません。物を持つ、関節を動かす、ねじる、などの動作をした時に、漠然とした痛みを感じます。圧痛(押したり圧迫した...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。