後期高齢者医療制度 長寿の記事一覧

スポンサーサイト

長寿寺と後期高齢者医療制度

お年を召してくると、足腰がどうしても弱くなってしまいますよね。ただ、弱くなったからといってそのままにしておくのは、得策とはいえません。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定によって、医療費が高くなるという事は今のところありませんが、それも現時点での話。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に、将来どのような追加徴収が行われるかはわかりません。また、寝たきりになってしまい、自力で経つ事も困難になってし...

長寿庵と後期高齢者医療制度

年齢を重ねていく中で、少しずつ衰えていくのが、食欲です。それは、例えば胃が弱くなったり、歯が弱くなったり、昔ほど動かなくなった為にエネルギーが必要でなくなったりと、その理由は様々でしょう。また、金銭的な問題もあるかもしれませんね。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が実施され、保険料を新しく支払う必要が生まれた方は、月に6,000円程度の出費が増える訳で、食事のグレードを落とさざるを得ない、という声も随...

長寿館と後期高齢者医療制度

日本が長寿大国である事は周知の事実ですが、その長寿を支えているのは、高齢者に対する暖かな支援であったり、施設であったり、環境であったりではないでしょうか。特に、75歳を越えた後期高齢者とって、その後の人生をどれだけ豊かに暮らせるかというのは、命を長く保つ為の最大のモチベーションになるかと思います。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が実施された事で、高齢者は精神に負担を負ってしまっています。そういった...

長寿医療センターと後期高齢者医療制度

日本の医療機関の中で、特に高齢者の健康に関しての研究を中心に行っている施設があります。それは、長寿医療センターです。この長寿医療センターという名称の施設は全国にいくつかありますが、その中で最も有名なのは、愛知県の国立長寿医療センターです。研究する分野は幅広く、老化の機構に関しての研究やその制御に関する研究、長寿の人の脳に関する研究、アルツハイマーや認知症、老年病などの高齢者特有の病気に関する研究、...

後期高齢者医療制度を有効に活用するには

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に対し、高齢者の方の相当な数の人が拒否反応を示しています。その一番の理由は、保険料を新たに支払う必要が出た点にあります。もちろん、他にも様々な問題や不備はあります。特に、高齢者の立場に立っていない行政の在り方には批判が集まっています。強制的な天引きにしても、パンフレットの文字の大きさにしても、高齢者の意思を無視した運びで長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が進んでし...

高齢者の割合が少ない都道府県では……

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定により、高齢者の占める割合の多い県では、その対応にかなり苦労しています。その中にあって、日本で最も65歳以上の高齢者の割合が少ない沖縄県では、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)がどのような影響を与えているのでしょうか。高齢者の多い地域の方が、トラブルは起こりやすいというのが通常の考えですが、どうもそういうわけではないようです。長寿でならしている沖縄もまた、長寿...

何故後期高齢者医療制度は名称が変わったのか

4月1日、ついに後期高齢者医療制度が実施されました。その際、一つの変更が成されました。それは、名称の変更です。それまでは後期高齢者医療制度と呼んでいたこの制度の名前を、長寿医療制度と変更したのです。これは、福田康夫首相の判断によるものと言われています。この背景にあるのは、後期高齢者という名称の不評です。この由来は、政府が2006年に定めた「65~74歳=前期高齢者」「75歳以上=後期高齢者」から取ったものなの...

老後の生活と後期高齢者医療制度

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定により、高齢者に負担がかかるようになったという認識が強まっています。特に、年金から天引きされる制度に関しては、かなりの不快感、抵抗が見られます。毎日のようにニュースで見かける苦情の声は、ほとんどがこれに関してか、説明の怠慢を指摘する声です。年金から天引きするという行為に対し、与党の意見は「高齢者の手続きを簡易化する」「経費の削減に繋がる」という、合理的、論理...

後期高齢者医療制度は本当に平均化を成すのか

現在、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の問題が社会をにぎわせています。連日、テレビをつければこのニュースがやっているというくらいです。そんな中、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)についての説明で最も良く聞かれるのが、次のような言葉です。「長寿医療制度(後期高齢者医療制度)は、高齢者の医療負担を大きくするのではなく、全国民の保険料を平均化する事で、負担の差をなくし、高齢者の医療費を確保できるように...

山形県の長寿社会課

山形県は、全国でも島根県に次いで高齢者の人口率が高いと言われています。その割合は、実に県の人口の4分の1が65歳以上というほどです。沖縄が7人に1人ということを考えたら、同じ日本においてこれほど違うのか、というくらいの差ですね。そんな山形県民は、当然長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に対する意識が他の県より強くなります。その一例として、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が実施されて以降、4月1~3日のわず...

茨城県の長寿福祉課

茨城県は年々高齢者人口が増えていますが、2006年にはついに65歳以上の高齢者が県全体の人口の20%を超えてきました。これは、全国平均を上回っているわけではなく、むしろ全国の中では少ない部類に入ります。高齢者の通院率も高くはなく、茨城県は比較的健康を崩している高齢者が少ないと言えます。それでも、20%という大台に乗った事で、高齢者に対する意識、高齢者へのサービスのあり方などをあらためて見直す動きが生まれまし...

長野県の長寿福祉課

高齢者のサポートを目的とした課には、長寿社会課という名称の他にも、長寿福祉課と呼ばれている課があります。主に長野県や茨城県、福井県などにあります。長野県の長寿福祉課の活動などは、「http://www.pref.nagano.jp/syakai/koufuku/kashokai.htm」のホームページで確認できます。主に高齢者にとって有益となる情報を掲載しています。特に介護保険、介護サービスに関する情報は充実しており、介護保険に関する様々な情報や、...

岩手県の長寿社会課

岩手県は、今回の長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって新たに発生する保険料の年間平均額が、特に少ない地域であるという事がこれまでの情報の公開によって明らかになっています。よって、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定に伴い、岩手県の高齢者医療や行政の在り方に、にわかに注目が集まっています。そんな岩手県の長寿社会課は、どういった方針を持っているのでしょうか。岩手県の長寿社会課のホームページは「...

長崎県の長寿社会課

長寿社会課は、様々な県に設けられています。県によっては、ホームページを作っているところもあります。例えば、長崎県の場合は「http://www.pref.nagasaki.jp/choju/」のアドレスにアクセスすると、長崎県の長寿社会課のホームページが閲覧できるようになっています。長崎県の長寿社会課のホームページでは、高齢者及びその家族に対しての情報提供を行っています。食の安全や衛生、住宅や交通、防犯などの情報をはじめ、救急医療...

長寿社会課の役割

長寿社会の現代において、高齢者がどのような趣味や生きがいをもって、豊かな暮らしをし、残りの天寿を全うできるかというのは、国全体での大きな課題かと思います。そんな課題を少しずつでも解決しようということで、各市町村の中には「長寿社会課」と呼ばれる課がある所が存在しています。長寿社会課は、色々な市町村にありますが、そのほとんどは同じ理念で存在しています。それは、高齢者の余生のサポートです。仕事をリタイア...

後期高齢者医療制度は長寿を祝える制度なの?

75歳以上の方が、65歳以上で一定の障害を持っている方にとって、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定はその生活に多大な影響を及ぼすことになります。その一方で、医療費の確保という命題に対し、国はひとつの結論を出したと言えます。その結論というのが、この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とはとどのつまり、現在の高齢者に負担を強いて、医療費を確保しようというものです...

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行により、都道府県別に異なった医療報酬が設定できるようになりました。これにより、地域格差の問題が生じるという意見もありますが、それ以上に懸念されているのが、医療サービスの縮小です。医療費をうまく抑制できず、経営難に陥る病院が増え、医療格差、病院格差がより顕著になり、結果的に病院の医療サービスの質が劣化してしまう可能性があるのです。高齢者の方は、基本的に行きつけ...

後期高齢者医療制度のポイントその5

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が施行された事で特に大きく変わった点の一つに、保険金滞納者に対する対応が挙げられます。これまでと違い、この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)においては、多数の高齢者が年金からの天引きによって保険料を納める事になるので、意図的な滞納は少ないと見られています。ですが、中には保険料を現金で納める人も結構います。およそ250万人、全体の2割の方が該当すると言われています。こう...

後期高齢者医療制度のポイントその4

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定によって、これまでの制度と変更した点はいくつかあります。これまでとは違う訳ですから、覚えておかないと後で痛い目にあう可能性は十分考えられます。しっかりと抑えておきましょう。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)においては、新制度として「高額医療・高額介護合算制度」というものが設けられました。これは、同一世帯における被保険者が「介護保険サービスの利用者負担」と「後...

後期高齢者医療制度のポイントその3

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって、高齢者の支払う保険料には変化が訪れました。では、医療費についてはどうなのでしょうか。2008年4月現在、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)による医療費の変動はありません。以前同様、通常は1割負担、一定以上の所得がある現役並みの所得者は3割負担となっています。これに関しては今のところ不変です。しかし、75歳以上から別の視点に移すと、話は変わってきます。現在70~75歳...

後期高齢者医療制度のポイントその2

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)についてぜひ知っておきたいポイントとして、住んでいる都道府県によって保険金の額が変わる、という事が挙げられます。これまでは、日本という国などが管理していた健康保険によって保険料の支払いを行っていたので、全国一律でした。しかし今後は、都道府県が運営する「後期高齢者医療広域連合」に保険料を支払うことになります。つまり、都道府県によって母体が違うのです。母体が違えば、形...

後期高齢者医療制度のポイントその1

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が4月1日に実施されて以降、様々な社会問題が生じ、そしていろいろな報道がなされてきています。ただ、それらの報道によってもたらされる情報の多くは、トラブル続出の本質的な部分というよりは、単純に社会に騒ぎが起きたことを伝えているだけ、という印象で、有益な情報とはあまり言えません。そこで、ここでは長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の覚えておくべきポイントについて、この制度...

後期高齢者医療制度の効果

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定によって、国は医療費の確保を期待していると発表しています。しかしながら、この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって得られる保険料が、果たして本当に医療費にあてがわれるのかは、はっきり言ってわかりません。政府の試算によると、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)になった事で新たに負担される保険料額は、一世帯当たりの全国平均で年間72,000円だそうです。つまり、月に...

後期高齢者医療制度の影響

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が4月1日より施行された事で、高齢者のいる世帯はこぞってパニックを起こしています。これは、例えその制度がある程度定着したとしても、くすぶり続ける問題でしょう。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の名目は、未来の医療費の確保です。高齢者が増えるということは、高齢者にかかる医療費が多くかかり、そのサポートにもお金がかかるという事になります。これをどこから捻出するかと考えた...

後期高齢者の保険証って?

高齢者の医療に関する制定が老人保健法で定めた制度から長寿医療制度(後期高齢者医療制度)へと変更された事で、健康保険に加入していた75歳以上、若しくは一定以上の障害を持った65歳以上の高齢者は、健康保険から脱退しなくてはならなくなりました。つまり、これまで持っていた健康保険の保険証は使えなくなる、という事です。現在はまだ制度の切り替わりが上手くできていない事もあり、従来の保険証でも1割(所得が多い者は3割...

後期高齢者医療制度による変更点その3

老人保健法による医療制度において、医療機関にかかった際の医療費の自己負担額は、通常1割、現役並みの所得者においては3割という基準が設けられていました。これは、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)でも変わりはありません。医療費負担額の割合は、1割ないし3割で固定です。では、なぜ高齢者の負担が増していると報道されているのでしょうか。その要因は、保険料にあります。老人保健法による医療制度、つまりは従来の制度で...

後期高齢者医療制度による変更点その2

従来の高齢者医療の基準を定めていた老人保健法による医療制度では、対象者は75歳以上の高齢者、若しくは65歳以上で一定の障害を持っている方という定義がなされていました。これに関しては、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)でも同様です。75歳以上、若しくは65歳以上で尚且つ一定以上の障害を抱えている方が対象となります。ただし、対象となる日が変わります。これまでは、75歳の誕生日の翌月の1日が対象となる日でした。つ...

後期高齢者医療制度による変更点その1

高齢者の医療費に関しては、これまで老人保健法による医療制度によって制定されていました。それが、2008年4月1日から長寿医療制度(後期高齢者医療制度)で定められた事項に従うということになりました。では、具体的にはどこがどう変わったのでしょうか。まず、老人保健法による医療制度は、市町村が運営の主体を担ってきました。それに対し、今回の長寿医療制度(後期高齢者医療制度)においては、県内の市町村が加入する広域連...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。一体何故このような事態になったのかというと、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に関する説明が行き届いておらず、制度自体知らないという人が大勢いるからです。そこで、ここでは長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは一体何なのかについてご説明します。長寿医療制度(後期高齢者医療制度...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ後期高齢者医療制度が施行されました。これによって、年金から保険料が自動引き落としされ、混乱を招いています。実際、まだ説明が行き届いていない状況で施行されたので、いまひとつ仕組みを理解できていないという人はかなり多く、このような状況に陥った今も尚、十分な説明は成されていないのが現状です。ここでは、まだ後期高齢者医療制度についてどういったものなのか把握しきれていないという方に対し...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。