統合医療の記事一覧

スポンサーサイト

統合医療の課題

欧米で代替医療が定着しつつある今日、日本の医療現場でもようやく統合医療が注目を集めるようになっています。統合医療とは従来の西洋医学とさまざまな代替医療が融合した医療で、一人ひとりの症状や体質に最も適した治療を行うことができる医療です。近年日本では鍼灸師や漢方医、カイロプロテクターなど、代替医療の専門家を配置する病院が増えています。また医科大学では代替医療の講義が行われるようになり、統合医療の専門の...

統合医療とメタボリックシンドローム

日本では近年、メタボリックシンドロームの増大が社会問題になっています。メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の増大によって、高脂血症、高血圧、高血糖などの症状が現われ、さまざまな病気にかかりやすくなった状態のことをいいます。現在、中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、あるいはその予備軍にあると言われています。また日本ではメタボリックシンドロームをはじめ、高齢化やストレス社会...

東洋医学と漢方

近年、医療の現場では統合医療の導入が始まりつつあります。統合医療で取り入れられる代替医療で最もよく知られているものは漢方です。漢方は古代中国で始まった中国伝統医学で、日本に伝わった後に日本独自の進化を遂げた伝統医療です。漢方薬による治療だけではなく、鍼や灸なども含まれています。中国から朝鮮半島を渡って日本へ伝わったのは6世紀中頃と言われ、長い歴史を持っています。日本では明治以降、西洋医学が医療の中...

統合医療とストレス

現代は昔に比べてストレスの多い時代といわれます。ストレスの原因は環境、人間関係、仕事など生活のいたるところにあります。ストレスは生活習慣病や胃潰瘍、十二指腸肝炎などの健康障害を引き起こすことはよく知られています。日本の脂肪要因の1位である癌も、ストレスによる免疫の異常が関係しているといわれます。適度なストレスは心身への刺激にもなりますが、過度なストレスはホルモンバランスを崩します。そして過食の原因...

統合医療と運動

今日の日本では、生活習慣病やメタボリックシンドロームの増大が社会問題になっています。生活習慣病には食生活やストレスなどいろいろな要因が考えられますが、中でも最も大きな要因に運動不足があげられます。車や電化製品の普及により社会が便利になり、生活の中の活動量が減少した結果、運動不足の人が増加しています。生活習慣病だけではなく、あらゆる病気の改善や予防、老化防止には運動習慣を徹底することが不可欠です。体...

統合医療と睡眠

睡眠は人間にとって体と脳を休養させ、次の活動のためのエネルギーを蓄える重要な時間です。現在、忙しさやストレスなどで十分な睡眠が出来ない睡眠不足の人が多いといわれます。人間は睡眠不足が続くと手足が震える、幻覚がみえるなどの異常な症状が現れることがあります。また体の免疫力や自然治癒力が低下し、あらゆる病気にかかりやすくなります。また最近では睡眠不足と肥満の関連性が研究され、睡眠不足が食べすぎや肥満の原...

統合医療と食生活

近年、生活習慣病が中高年を中心に増加しています。現在では日本の中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人が生活習慣病の一歩手前のメタボリックシンドローム、またはその予備軍であると言われています。生活習慣病はその名の通り、生活習慣が要因となっている場合が多くあります。そこで生活習慣を見直すことが予防や治療の第一歩となります。生活習慣病の予防や治療には毎日の食事を見直すことが重要です。生活習慣病患者の多くは...

統合医療と生活習慣

近年、糖尿病やがんに代表される生活習慣病や、メタボリックシンドロームが中高年を中心に増加しています。今日では日本の中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、またはその予備軍にあると言われています。生活習慣病やメタボリックシンドロームは突然死の危険性がある恐ろしい病気です。実際に近年の日本人の死亡原因の1位はがん、2位は心臓病、3位には脳卒中となっています。こういった生活習慣病は...

統合医療とホメオパシー治療

日本でホメオパシー治療という言葉はまだ一般的に知られていませんが、近年統合医療の導入が急がれる中、ホメオパシー治療が代替医療の一つとして注目を集めています。ホメオパシー治療の起源は古代ギリシャにまで遡りますが、近代のホメオパシー治療は今から約200年前に、ドイツの医師であるサミュエル・ハーネマン氏によって始められました。ホメオパシーのホメオは「同じようなもの」、パシーは「病気」という意味があり、ホ...

統合医療と渥美和彦

近年、医療関連の記事などで統合医療という言葉をよく見かけるようになりました。現在医療の現場では統合医療の必要性が高まっていますが、統合医療を日本の医療現場に広めたのは、現在東京大学名誉教授である渥美和彦氏によるものが大きいと考えられます。渥美氏はもともと人工心臓やレーザー医学などの西洋医学の分野では、日本の代表的な人物の1人です。数々の医学学会で活躍し、医学賞を受賞している国際的に名の知られた人物...

統合医療と鍼治療

近年注目されている代替医療の中に「鍼治療」があります。鍼は本来中国医学の一つですが、最近ではアメリカで大きなブームを起こしています。針治療は鍼の刺激によって体が備え持っている力を引き出す治療方法です。自然治癒力を高め免疫機能を整える作用や、抗炎症作用、鎮痛効果を高める作用があり、西洋医学の補助的な療法としてさまざまな病気の治療に取り入れられています。アメリカの食品医薬品局FDAは、当初鍼治療を国の医...

統合医療と伝統医療

近年医療の現場では統合医療の重要性が唱えられています。統合医療は西洋医学と代替医療を統合した医療のことです。代替医療は世界にも多くの種類がありますが、その中に伝統医療と言われる分野があります。伝統医療にはさまざまな種類があり、代表的なものに「中国医学」、中国医学を日本独自に変化させた「漢方医学」、インドの医学「アーユルヴェーダ」、他にも「自然療法」、「温泉療法」などがあります。このような伝統医学は...

統合医療と介護予防

日本をはじめ先進国では、近年高齢化が進んでいます。日本では10年以内に4人に1人が65歳以上の高齢者になると予測されています。高齢化社会では社会全体で高齢者を支えていく必要があります。近年日本では介護保険法が制定されるなど、国をあげて高齢化社会に対応する取り組みを行っています。日本は医学の進歩に伴い世界の中でも有数の長寿国となりました。そこで、いかにして長い老後を健康で有意義に過ごすかということが重要な...

統合医療とホリスティック医療

ホリスティック医療とは、人間の体や心、環境などを総合的に診断し治療する医療を意味しています。近年、統合医療の重要性が高まる中、代替医療に加え、ホリスティック医療が注目を集めています。ホリスティックという言葉はギリシャ語で「全体」を意味しています。代替医療は病に対して施される西洋医学以外のさまざまな医療のことを指しますが、ホリスティック医療は人生や命、生きることなどに対して施される医療を指しています...

統合医療とハーブ療法

統合医療の重要性が高まっている今日、西洋医学以外の代替医療が注目を集めています。代替医療にはさまざまな種類がありますが、代表的なものにハーブ療法があります。ハーブ療法は世界でも古くから行われてきた薬用植物を用いた民間療法です。日本でも漢方や民間薬として、昔から東洋ハーブを医療に取り入れてきました。西洋医学が発達した今日でも、やけどにはアロエ、風邪にはしょうがと言ったように、私たちの生活の中にハーブ...

統合医療とうつ病

近年、うつ病は日本人男性の10人に1人、女性の5人に1人が人生で一度は経験するといわれるほど多い病気となっています。うつ病とは、何かの原因によって生きる意欲を喪失し、憂うつ感や興味、関心が低下するなどの精神的な症状や、人によっては食欲不振や不眠、倦怠感などの身体的な症状が伴う病気です。辛い症状のために自殺をする人もいるほど深刻な病気です。かつてうつ病は「こころの病気」と捉えられていましたが、最近で...

統合医療と西洋医学

今、医療の現場において統合医療が注目されています。統合医療とはこれまでの西洋医学の医療に、相補・代替医療を組み合わせた医療です。欧米では国をあげて代替医療の研究を進めており、サプリメント療法やハーブ療法などの代替医療が国民に定着しつつあります。このような欧米の流れを受け、日本でも近年代替医療への関心が高まっています。日本では明治以降、西洋医学にもとづく治療が中心に行われてきました。西洋医学は東洋医...

統合医療と医療費

近年日本では高齢化社会が進み、生活習慣病が増加しています。それに伴い医療費の増大が深刻な社会問題となっています。厚生労働省によると現在のペースで少子高齢化が進んだ場合、2050年には3人に1人が65歳以上になると予想されています。また現在の医療保険制度を継続していくと、国民医療費の総額は2025年には約49兆円となり、現在の1.7倍にも膨れ上がることが予測されます。これは現在20代から40代の人が...

統合医療と高齢化社会

今日、日本は世界有数の長寿国となり、高齢者を社会全体で支える時代が到来しています。近年では「介護保険制度」が導入されるなど、国をあげて高齢化社会に対応する制度を整備しています。同時に国民医療費の増大や、生活習慣病の増加が社会問題なり、これまでの西洋医療のみに頼ってきた治療が見直されつつあります。現在医療の現場では、近代医学を補い、また新たな視点を持った医療として「相補・代替医療」が注目されています...

統合医療と予防医学

近年、日本では政府において予防医学の観点から統合医療を行うことが重視されています。予防医学とは病気の発生を予め防止する医学のことです。反対に病気になってから治す医学を治療医学といいます。病気を早期発見し、早期治療を行うことは重要なことですが、それ以上に大切なことは、病気にならないように努力することです。多くの病気は食生活、運動、生活習慣や環境改善などで体を整えることによって未然に防ぐことができるの...

統合医療とアメリカ

今日アメリカでは医療費が世界一の金額となり、医療費の増大が社会問題となっています。そして、それまでの西洋医療に限界を唱える声や、代替医療の治療費が比較的安価であることから、社会的に代替医療を求める動きが始まりました。現在アメリカで代替医療を利用している人は国民の45%に上り、医療費は西洋医療による医療費を上回っています。また教育レベルの高い人ほど、なんらかの代替医療を利用していることも明らかになっ...

統合医療と温熱療法

最近では統合医療とともに代替医療が注目を集めていますが、代替医療の代表的なものに温熱療法があります。温熱療法とは体を温めることによって血液の循環を促し、病気の回復能力を高める治療方法です。人間の体は冷えると血液の循環が悪くなり、さまざまな不調が現れます。肩こり、腰痛、頭痛、疲れ、内蔵機能の低下、生理通、生理不順などその症状は人によって多様です。そういった不調は体を温めることで症状の改善が期待できま...

統合医療とサプリメント

近年の増加している生活習慣病など慢性病の治療では、西洋医療以外に代替医療を取り入れた統合医療が注目を集めています。代替医療の研究が進んでいる欧米では既に統合医療を取り入れた治療で多くの人が病気を改善しています。アメリカで行われる代替医療の中で、最も利用の多いものにサプリメント療法があげられます。今日、サプリメントは日本でも普及していますが、サプリメントの必要性が高まった背景には、食材自体の栄養が昔...

統合医療と免疫療法

現在がんの統合医療では、免疫療法が多く取り入れられています。免疫とは人間がもともと備え持っている、異物に対する体の防御機構です。免疫力を強化することによって病原を排除し、健康な体に戻す治療を免疫療法といいます。がんをはじめとするさまざまな病気は、免疫力の低下が大きな原因となっています。免疫力は白血球と深い関係があります。白血球は体内で有害物質や悪い細胞、細菌やウィルスを排除する重要な役割があります...

統合医療と栄養療法

近年、日本では西洋医療に代替医療を取り入れた統合医療が注目を集めています。代替医療には多くの種類がありますが、栄養療法もその一つです。栄養療法とは患者の栄養状態を改善することによって、病気の治療や予防を行う治療です。不足している栄養素を補給したり、病状によっては制限することで、内臓や血液の働きを改善します。そして細胞に必要な栄養素を送りこみ、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。栄養療法では、...

統合医療とフコイダン

近年、がん治療ではフコイダンを利用した統合医療が注目されています。フコイダンとはコンブ、ワカメ、モズクなどの海藻類に含まれている硫酸化多糖類で、ヌルヌルした成分のことです。フコイダンの主な作用は抗腫瘍作用、コレステロール低下作用、血液凝固阻止作用、胃潰瘍治癒促進作用、肝機能向上作用、抗ウィルス作用、抗アレルギー作用、抗糖尿病作用などがあります。がんだけでなく、糖尿病、胃潰瘍、ヘルペス、高血圧、慢性...

統合医療とがん治療

がんは現在で世界的に最も多い病気の一つです。がんの治療はこれまで現代医学による研究が進められてきましたが、未だ治療の難しい病気です。日本の病院で一般的に行われているがん治療は大きく分けて、手術、薬、放射線の3つです。これらの方法はがん細胞を取り除くという西洋医学に基づいた治療方法です。手術は体内のがん細胞を体から直接切り取る確実な方法ですが、がん細胞を一つ残らず切り取ることは難しく、再発の危険はな...

統合医療と代替医療

これまで日本では西洋医学を中心とした医療が行われてきました。しかし近年、西洋医学に代替医療を取り入れた統合医療が注目されています。代替医療とは西洋医学の領域に属さない療法を総称したもので、まだ明らかになっていない分野の多い医療です。日本において医療の技術はめざましい進歩を遂げましたが、未だ西洋医学では解決できない問題が多くあります。それを補う可能性をもっているのが代替医療です。西洋医学が薬剤や手術...

統合医療の歴史

近年日本では西洋医学と代替医療を組み合わせた統合医療が注目を集めています。統合医療の歴史はアメリカの医学教授、アンドリュー・ワイル氏によって提唱されたことから始まりました。ワイル氏は伝統医療や薬用植物などの研究を通じて、もともと人が持っている自然治癒力を最大限引き出すための医療が必要だと考えました。アメリカでは1990年代になるとさまざまな代替医療が注目を浴び、公的機関による研究、調査が活発に行わ...

統合医療の意味

これまで医療の現場では西洋医学を中心とした治療が行われてきました。しかし近年になって、西洋医学以外の代替医療の重要性へ目が向けられています。西洋医学に加えて、伝統医療や代替医療などを効果的に組み合わせた医療体系を統合医療といいます。患者にとって最良の医療を分野の区別なく行うことを目的としています。統合医療の考え方が最初に提唱されたのはアメリカでした。アメリカでは1992年に国立衛生研究所に代替医療...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。