脳卒中の記事一覧

スポンサーサイト

脳卒中の生活上の注意

脳卒中(脳血管障害)の発作後、幸い死亡は免れたとしても、重篤な後遺症が残る可能性があります。また、再発の不安を抱えての生活となる場合が多く、生活の改善が求められます。脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血について、どのような生活を心がけることがその予防、再発の防止、後遺症の改善となるか、いくつかポイントを示します。脳出血脳出血を招く、最大の原因は、高血圧です。したがって日ごろから...

くも膜下出血の合併症と予後

脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のなかでは、もっとも発生率が低く、また死亡率が少ないのは、くも膜下出血です。また手術でなおる可能性もいちばん高い病気です。くも膜下出血の予後は、再破裂と脳血管攣縮(くも膜下出血のあとに、動脈瘤近くの動脈が痙攣したように収縮する症状)といった合併症によって大きく左右されます。また、くも膜下出血の場合、内科的治療では根本的な治癒は望めません。たが...

漢方治療

脳卒中(脳血管障害)の発作が起こると、たとえ死亡こそは免れても、程度の差はあれなんらかの後遺症が残ることが多いのが現状です。片麻痺(へんまひ)や失語症、意識障害などです。多くは、急性期をすぎると消滅するのですが、慢性期になっても残ってしまったものを「脳卒中後遺症」といいます。ある程度病状が落ち着き、回復期になってからの脳卒中の治療、あるいは後遺症の治療に対しては、漢方治療が用いられることがあります...

一過性脳虚血発作(TIA)の内科的治療

脳卒中(脳血管障害)のひとつ、脳梗塞(のうこうそく)の前触れの症状である、一過性脳虚血発作(TIA)の治療には、内科的治療と外科的治療があります。両者はともに、将来の脳梗塞の発作を予防し、事前に対処することが目的です。脳梗塞は、現在、脳卒中(脳血管障害)のなかでも、脳卒中を抜いてもっとも死亡率が高い病気となっています。突然、大きな脳卒中の発作に襲われるまえに、なんらかの前触れの警告があったことを幸い...

一過性脳虚血発作(TIA)の診断と検査

脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のうち、脳梗塞(のうこうそく)の前触れとなる発作を、一過性脳虚血発作(TIA)といいます。脳卒中の発作は、予測が難しいものですが、このような警告の発作の段階で適切な処理、対策をすることが、大きな発作を防ぐ重要なカギとなります。一過性脳虚血発作(TIA)は、医師の目の前でおこることはほとんどないといえますから、患者さんご本人が、ご自身の症状を正確に自...

一過性脳虚血発作(TIA)の診断

脳卒中(脳血管障害)の発作は、あるとき突然、やってきて、一刻も早く適切な対処を求められることが多いのですが、脳卒中(脳血管障害)の3つの主要な病気・・・脳出血、脳梗塞、くも膜下出血・・・のうち、脳梗塞(のうこうそく)については、その前触れの発作がある場合があります。この前触れの発作が、一過性脳虚血発作(TIA)です。したがって、一過性脳虚血発作(TIA)の段階で、いかに対処、治療をするかが大切なのですが...

一過性脳虚血発作(TIA)の症状

脳卒中(脳血管障害)のうち、脳梗塞(のうこうそく)は、その前触れともいうべき症状があることから、このような警告ともいうべき状態でいかに適切な対処をして、本格的な脳梗塞の発作へと移行しないよう食い止めることが重要となります。この前触れの発作が、一過性脳虚血発作(TIA)です。どのような症状があるのでしょうか。一過性脳虚血発作(TIA)は、24時間以内に症状が消えるものというのが、定義ですが、大部分は、数分か...

一過性脳虚血発作(TIA)から脳梗塞への移行

高血圧や動脈硬化が増えるにつれ、脳卒中(脳血管障害)で亡くなる人が増えています。脳卒中は、たとえ命は助かったとしても、脳卒中後遺症(のうそっちゅうこういしょう)といって、脳卒中の発作によって起こった自覚症状や、神経症状、精神症状とが慢性的に消えないことがあることから、いかに大きな発作を起こさないようにするか、予防が非常に重要です。実際、発作を予防する、あるいは予測することは可能なのでしょうか?脳卒...

一過性脳虚血発作(TIA)も、可逆性虚血性神経脱落症状(RIND)

脳卒中(脳血管障害)の主な3つの病気は、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血です。このうち、近年、脳出血を抜いて急増しているのが、脳梗塞です。この脳梗塞には、前触れともいうべき症状があることがわかっています。これを、一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)・・・TIA・・・といいます。一過性脳虚血発作とは、一時的に手足が麻痺したり、言葉がしゃべりにくくなったりするけれども、すぐに消えてしまう一時的な...

減塩

脳卒中の最大の誘因となる高血圧を予防、改善する際に、避けて通れないのが、塩分の抑制です。食塩を取りすぎると、ナトリウムの作用で細胞外液量が増え、その結果、血液量が増え、血管内圧が上昇し、末梢血管の抵抗が高まり・・・血圧を上昇させて高血圧となるのです。脳卒中を発病したら、1日の食塩の量は7グラム以下に抑えるのが基本です。そのためには、塩分の多い食品を避けることが必要です。また、料理全体を薄味に仕上げる...

水分補給

脳卒中の発病後の食事のポイントとして、充分な水分を補給することがあります。水分は、血液循環を良くし、血液の凝集能(血液が固まる作用)を抑制するのに重要なはたらきをします。そのためたっぷりの水分を摂取する必要があります。また、脳卒中の後遺症で摂食障害が残り、全体的に食物の摂取が減ると、水分の摂取が少なくなり、脱水症状をおこしやすくなるため、意識して水分を補給することが大切になります。(ただし、アルコ...

摂食障害を助ける調理の工夫

脳卒中の発作の後遺症で、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)に支障が出ることがあります。咀嚼に支障があると、物を小さくかみ砕くことができないことから、丸ごと飲み込もうとしてのどに詰まらせたり、消化が悪いので胃に負担をかけてしまうことになります。また、嚥下というのは、食べ物を飲み込むことをいいます。嚥下に障害があると、のどにつまったり、むせ返りを起こすことになります。これらの障害に対しては、その症状の程...

脳卒中発病後の食生活改善

脳卒中の発病後は、生活、特に、食生活を改善し、脳動脈硬化の最大の誘因になる高血圧を防ぐことが必要となります。脳卒中の発病後、自分で食事をとることができる人は、以下の点について、ご自身の食生活を見直し、改善を試みてください。1.標準体重の維持・・・肥満予防と改善肥満は、脳卒中の誘因となる高血圧を招きます。すでに太っている人は、その解消のために、早急に!なんらかの手を打つ必要があります。摂取カロリーを...

咀嚼、嚥下障害のある場合の食事

脳卒中に限らず、あらゆる病気において、食事は体力的も精神的にも、回復を促すための重要なカギになります。しかし、脳卒中の場合、発作後の遺症で、運動麻痺(うんどうまひ)が残り、利き手が不自由になったり、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ・・・食べ物を飲み込むこと)の能力に支障がおよぶと、食事はまさしく苦行と化します。それでも、早期からきちんとしたプログラムに沿った、リハビリテーションを根気強く続けることで...

麻痺のある人の食事の工夫

脳卒中、すなわち脳血管障害による後遺症として、運動麻痺(うんどうまひ)が残ることがあります。たとえば、手足(右または左)の動きが不自由になり、自分で調理をすることはもちろん、食器をうまく使えなくなることもあります。また、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ・・・飲み込み)が困難になることから、食事をとること自体が難しくなることがあります。そのため、栄養状態が悪くなり、体力が落ちて、病気の回復やリハビリの...

脳卒中の発作後の食事

脳卒中(のうそっちゅう)、すなわち、脳血管障害、の発作を起こした人の発作後の食事は、脳卒中の原因である脳動脈硬化の誘因となる高血圧や肥満を防ぐことが大切です。これは、糖尿病や、高脂血症(こうしけっしょう)、痛風(つうふう)を予防するという意味でもあります。そのために、1日の摂取カロリーと、塩分をおさえる必要があります。1日の摂取カロリーは、1600キロカロリーに、また、塩分は、7グラムにおさえます。ただ...

リハビリテーション

現在、日本では、脳卒中(脳血管障害)で死亡する人の数こそ減ってはきていますが、片麻痺や言語障害、失行、失認といった、脳卒中の後遺症に苦しむ人は、逆に増えています。脳卒中の後遺症を改善するためには、脳卒中の発作によって脳のどこに病巣があり、それはどの程度の大きさなのか、またそれによりどのような障害が、どの程度生じたのかを正確に判断することが大切です。それにより、適切なリハビリテーション計画を立てます...

脳卒中後遺症の診断

脳卒中(脳血管障害)の発作後、命は取り留めたものの、言語障害や片麻痺、失行、失認といった、後遺症に悩む人びとが増えています。これらの後遺症を「脳卒中後遺症(のうそっちゅうこういしょう)」といいます。脳卒中後遺症の改善は、適切なリハビリテーションをいかに計画的にすすめていくかにかかっています。そのためにも、後遺症の程度や、損傷を受けた部位を正確に把握することが必要となります。CTスキャン脳の病巣部位を...

脳卒中後遺症の症状

医療技術の進歩により、脳卒中(脳血管障害)で死亡する日本人の数はずいぶんと減りました。しかし、それは同時に、死亡こそ免れたけれども、後遺症をかかえて生きている患者さんの増加を意味することになっています。脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のなかでは、脳出血よりも、脳梗塞のほうが重症の後遺症が残ることが多いとされます。現在、日本では、脳出血は減ったものの、逆に脳梗塞は増えています...

脳卒中後遺症

脳卒中(脳血管障害)は、現在、日本人の死亡原因の第3位です。1位は、がん、2位は、心臓病です。以前は、首位を占めていたのが、減少したのは、治療技術、特に救急救命技術の進歩のおかげです。また、脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のうち、高血圧が大きな要因である、脳出血についていえば、高血圧の管理技術が進んで、生死をわけるような大きな出血が減ったことが、死亡率の低下を導いたといわれま...

くも膜下出血の重症度と治療法の選択

脳卒中(脳血管障害)の3つの病気、すなわち脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のうちで、もっとも発症頻度が低く、死亡率が低いとされるのが、くも膜下出血です。くも膜下出血は、重症度によって一般に5段階にわけられ、段階に応じて、内科的治療にするのか、それとも外科的な治療(手術)にするのか、分かれます。くも膜下出血の重症度0度・・・未破裂脳動脈瘤症例1度・・・意識清明で神経症状(局所的な脳神経麻痺以外)のない例、...

脳卒中の死亡率

現在、脳卒中(脳血管障害)は、がん、心臓病に次いで、日本人の死亡原因の第3位を占めています。一時期に比べると、ずいぶんと減ったのですが、減ったのはあくまで「死亡率」であり、発症率は減っていないという報告もあります。脳卒中(脳血管障害)の3つの主な病気・・・脳出血、脳梗塞、くも膜下出血・・・のうち、脳出血については、高血圧の管理が進んで、生死をわけるような大きな大出血が少なくなったことが、死亡率の減...

脳出血の内科的治療

脳卒中(脳血管障害)は、日本人の死亡率の第3位を占める恐ろしい病気です。脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のなかで、脳出血の発作がおきた際には、とにかく一刻も早く、救急車を呼び、医師の診察を受けることが大切です。救急車が到着し、病院へ運ばれると、まず次のような全身的な処置がとられます。1.呼吸管理2.血管の確保3.血圧の管理同時に、CTスキャンなどによる正確な診断がおこなわれます。...

脳出血の際の対応

脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のうち、脳出血は、現在でこそ脳梗塞よりも少なくなりましたが、以前、脳卒中(脳血管障害)の主要な病気です。脳出血の発作の前には、血圧が高くて、ずきんずきんとする頭痛が伴う、目がよく見えなくなってきた、といった前触れの症状があることがあります。(もちろん、このような症状がなにもなく、突然、発作を起こすこともあります。)そして、突然、左右どちらかの...

脳塞栓症

脳卒中(脳血管障害)には、大きくわけて3つの病気があります。脳梗塞、脳出血、およびくも膜下出血です。脳卒中のうち、以前は、日本人には脳出血が多く、脳梗塞は少ないといわれていましたが、近年、脳梗塞が脳出血の2倍以上になっています。この脳梗塞は、さらに、動脈硬化を基盤として脳動脈がつまる「脳血栓症(のうけっせんしょう)」と、心臓などにできた血液のかたまりが脳動脈に流れ込んで内腔をふさいでしまう「脳塞栓症...

脳血栓症

脳卒中(脳血管障害)のひとつに、脳梗塞(のうこうそく)があります。脳卒中(脳血管障害)のなかでも最近、特に増えている病気です。以前は、「脳軟化症(のうなんかしょう)」と呼ばれていました。脳梗塞は、さらに二つに分かれます。「脳血栓症」と「脳塞栓症」です。両者は、予後が異なり、治療法も変わります。脳梗塞のなかで両者の割合は、「脳血栓症」対「脳塞栓症」で約7対3です。「脳血栓症(のうけっせんしょう)」は...

脳梗塞の前触れ症状

脳卒中(のうそっちゅう)というのは、正式には「脳血管障害」のことで、脳の血管が破れたり、詰まったりする病気の総称です。脳卒中は、大きく、「脳出血」、「脳梗塞(のうこうそく)」「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」の3つにわかれます。脳梗塞脳への血流が少なくなり、そこで利用される酸素と栄養が足りなくなると、脳の細胞は死んでしまいます。脳梗塞というのは、このような現象が脳の一部で起こる病気です。脳梗...

死亡率

脳卒中(脳血管障害)は、昭和26年にそれまで日本人の死亡率のトップを占めていた、結核にかわってトップに躍り出ました。その後、ずいぶんと長いあいだ、首位に位置していましたが、昭和45年ころからしだいに減り始めました。脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のすべてについてずいぶんと減っています。そして昭和60年には、心臓病よりも少なくなり、第3位になりました。脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳...

脳出血

脳の血管障害が原因で、突然、意識がなくなり、手足の自由が利かなくなる病気・・・主に、「脳出血」、「脳梗塞(のうこうそく)」「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」の3つ・・・を総称して「脳卒中」といいます。脳卒中は、正しくは、「脳血管障害」といいます。脳出血このうち、「脳出血(のうしゅっけつ)(「脳溢血(のういっけつ)」)」とは、脳の血管が破れ、脳内に出血が起こり、意識障害や麻痺(まひ)がおきる病...

脳血管障害

脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳の血管障害が原因で起こる病気の総称で、「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」が正しい名称です。脳の血管に異常が起こり、突然、意識がなくなり、手足の自由が利かなくなる病気です。脳卒中(脳血管障害)は、大きくわけると、「脳出血」、「脳梗塞(のうこうそく)」「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」の3つになります。●「脳出血(のうしゅっけつ)」「脳溢血(のういっけつ)」...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。