スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤と副作用

すい臓がんは、これといった症状がないままに進行してしまうことから早期発見が難しいだけでなく、進行も早く、また再発率も高いがんです。発見されたときには、すでに手術ができない状態であったり、他に転移していることがよくあります。そのような段階にいたってしまった場合、抗がん剤治療や放射線治療が行われます。
抗がん剤というのは、細胞が分裂する際のDNAの合成を妨げる働きをします。がん細胞は通常の細胞よりも頻繁に細胞分裂を繰り返すことから、そのがん細胞の分裂を妨げて細胞増殖を抑える働きをするのです。

しかし、抗がん剤が作用するのは、がん細胞だけではありません。通常の細胞にも影響を与え、副作用が発生します。特に、すい臓がんは抗がん剤の効果があまり期待できないがんの1つです。それでも、生存率を伸ばすことが不可能でないこともあり、副作用との兼ね合いを考えながら使用していくことになります。

抗がん剤の副作用には、吐き気、嘔吐、脱毛などがあります。また、免疫力が低下したり、貧血や出血が起こることもあります。骨髄では造血細胞から赤血球や白血球、血小板などが造られていますが、この造血細胞が破壊されてしまうからです。

新薬や治療法の開発によって副作用はずいぶんと少なくなってきていますし、抗がん剤の副作用を抑える薬の開発も進んでいます。医師から抗がん剤治療を進められた場合は、その効果や使用する事による利点だけでなく、副作用について十分な説明を受け、治療によって患者さんの苦痛が増加することのないようにしたいものです。

スポンサーサイト

«ターミナルケア | トップへ戻る |  痛みの緩和と悪化»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。