スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みの緩和と悪化

すい臓がんは、初期にこれといった症状がないことから、気づかないうちに病気が進行してしまい、気づいたときには他の臓器に転移していたり、もはや手術を行える状態でないことがよくあります。そのよう場合は、無理な治療を強行するのではなく、患者の肉体的、精神的な苦痛を軽減することを重視する治療がとられます。

すい臓がんに限らず、がん患者は、癌の進行、死への恐怖、孤独など、精神的な要因から痛みを強く感じることがあります。病院での治療以外にも、家族が患者の痛みをいやす方法は幾つかあります。癌によって痛む部分も異なりますが、さすったり、温めたりの応急的な方法が効果を上げることもあります。痛みを我慢しなくてもいい、と患者が感じ、家族や医療スタッフに遠慮することなく痛みを訴えることができる環境を作ってあげることは、周囲の者の大切なつとめではないでしょうか。

痛みを強める因子とやわらげる因子

不快感や不眠、疲労感、心配、恐怖、怒り・・・など、ネガティブな感情は痛みの感じ方を強める因子となります。一方、充分な休息、周りの人の理解や共感、気分転換、気分の高揚・・・など、ポジティブな感情をもつことで痛みの感じ方が弱まることもあります。孤独は食欲不振や不眠にいたり、体力を奪って、肝心の治療の妨げにもなるでしょう。腹痛や嘔吐、発熱といったほかの症状と並び、痛みに対する対策も重要なケアのひとつであることを忘れないことが大切です。

医師と家族は協力し、患者の気持ちを理解して精神的な負担を軽くしてあげられるよう努力することが大切です。

スポンサーサイト

«抗がん剤と副作用 | トップへ戻る |  痛みへの対処»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。