スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みへの対処

癌が進行すると、患者さんによっては全身の各部に痛みが生じる場合があります。癌の痛みは、すい臓がんに限ったものではありませんが、すい臓がんの場合、すい臓の周囲には肝臓へ行く肝動脈、腸へ行く上腸間膜動脈、門脈が張り巡らされていることから癌が入り、肝臓などへの転移を早めることがあります。そのため、癌が発見されたときにはすでに手術が不可能な状態であり、痛みの軽減が重要な治療となることは少なくありません。

痛みのあるがん患者の日常は、想像を絶する苦痛に満ちたものとなります。不安やいらだちは医療への不信を強めますし、治療への意欲をそぐことにもなりかねません。ですから、現在では痛みへの対処を重視する傾向が強まっています。日本では特に、痛みを我慢することを美徳と考える意識があります。家族や医療スタッフへの遠慮もあるからでしょう。しかし、我慢していると痛みはますます強くなり、それだけ強い薬をつかわなくてはならなくなりますし、痛みがおさまるまでの時間も長くなります。患者が、痛みを我慢しなくてもいい、と感じられるよう、周囲の人たちの配慮が大切でしょう。

痛みへの対処には放射線や神経ブロックなどの方法がとられることもあります。また、消炎鎮痛薬や、モルヒネなどの麻薬、および鎮痛補助薬として向精神薬が用いられることもあります。

すい臓がんのように、はっきりとした症状が現れないままに、病気が急速に進行して手術が不可能な場合、ターミナルケアの一環としてこのような痛みに対する対策が考慮されることがあります。

スポンサーサイト

«痛みの緩和と悪化 | トップへ戻る |  癌性疼痛»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。