スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌性疼痛

癌が発生すると激烈な痛みを伴うことがあり、これを癌性疼痛といいます。
癌腫が神経や内臓を侵したり圧迫するためや、血管を侵したり圧迫による血行障害の痛み、組織壊死による痛み、あるいは炎症のための痛みなど、原因はさまざまです。これは、すい臓がんに限ったことではありませんが、その痛みはとても耐えられないほどのものといわれます。

また、癌になると、機能を喪失してしまったことや、社会、家庭からの疎外感、病気に対する不安、死への恐怖など、精神的にも負担が多くなり、それゆえに身体的な痛みがより強く感じられるということもあります。

痛みに対する対処は、治療と看護計画とをあわせた、ターミナルケアの一環として行われます。痛みの原因、病状、生命の危険性、生活スタイルなど、総合的に考慮する必要があります。ターミナルケアというのは、治る見込みがないと診断され、3~6ヶ月以内に死を迎えることが予測される患者に対して行われる治療や看護を言います。すい臓がんの場合、早期発見が難しく、手術が可能なのは30パーセントに過ぎないことから、肉体的な苦痛の軽減は重要なものとなります。

激しい痛みに対しては鎮痛薬や、モルヒネなどの麻薬注射が行われてきました。しかし麻薬は、量が多くなると、急速に体力を衰弱させてしまいます。最近は、抗うつ薬も用いられるようになり、効果があるという報告もあります。

薬が有効に作用せず、しかも手術もできないという場合、痛みを抑えるために神経ブロックという方法がとられます。神経ブロックは、癌性疼痛のなかでも、特に痛みが比較的限定されている場合や、内臓から痛みが起こる場合に効果的とされます。

スポンサーサイト

«痛みへの対処 | トップへ戻る |  癌性腹膜炎»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。