スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌性腹膜炎

すい臓がんは、これといって特有の症状が現れないままに病気が進行してしまうことが多い病気です。気づいたときには、他の臓器に転移していたということも珍しくありません。癌性腹膜炎は、すい臓がんも含め、胃がん、大腸がん、卵巣がんといった、腹腔内にある臓器の癌が腹膜に転移しておこる症状です。粟粒のような転移巣が、腹膜面に無数に散らばって発生します。さらに症状が進行すると、腹水がたまります。腸管などを巻き込んで腫瘤を形成することもあります。腹痛、嘔吐、発熱といった症状に加え、排便・排尿困難や栄養障害などが現れ、全身が衰弱していきます。

癌性腹膜炎に対する、根本的な治療法はなく、対症療法が中心となります。たとえば、痛みの除去と栄養管理のためによく用いられる方法は、中心静脈栄養にモルヒネを追加するという方法です。また、腹水に対して利尿剤を投与します。腹部膨満感が非常に強い場合には、腹腔穿刺を行い、取り除くこともあります。

その他、化学療法として、マイトマイシンCやシスプラチンなどの抗がん剤によってがんの発育を抑制し、症状を改善させることができる、という報告もあります。温熱化学療法も試みられつつありますが、効果は一時的で、予後は良いとはいえません。

癌性腹膜炎のように、癌が進行すると癌特有の症状が生じます。他にも、癌の末期に現れる症状として、悪液質があります。癌によってからだのあらゆる機能が低下するため、衰弱した状態をいいます。癌組織が毒素のようなものを分泌するという説があり、このように呼ばれます。

スポンサーサイト

«癌性疼痛 | トップへ戻る |  慢性すい炎との識別»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。