スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すい炎の痛み

すい臓がんとすい炎の因果関係については、現在のところ明確ではありませんが、両者が近年、共に増加しつつあること、すい炎の症状、特に慢性すい炎の場合、その症状はすい臓がんの症状と似ているといわれること、およびすい臓がんの症状に特徴的なものがないということから、すい炎の症状について理解しておくことは有益であると思われます。

すい炎の特徴的な症状としては、やはりその痛みがあります。特に急性すい炎では、多くの場合、激烈な痛みを伴って発症します。上腹部のみぞおちあたりに痛みを感じることから、患者さんは、身体をえびのように曲げて膝を抱えて痛がります。
慢性すい炎の場合は、急性すい炎と同様の痛烈な痛みが数ヶ月間おきに繰り返される場合と、急性すい炎ほどではないものの、ジクジクとした鈍痛が絶えず続いていく場合があるなど、症状は多様です。

すい炎の痛みが起こる理由は、すい臓には血管が豊富にあり、自律神経、知覚神経が発達しているからです。どうしてすい臓にこのように血管が多いかというと、すい臓で消化酵素を作り出すためには多くの材料とエネルギーが必要なことから、その供給をしなければならないからです。そのため血液が大量に必要なのです。しかしそれは裏を返せば、すい臓に障害が起こると、血管が多いがゆえに出血も多く、痛みもひどくなってしまうのです。

慢性すい炎ですい石のある人は、すい臓がんになる確率が高くなるともいわれています。すい臓がんに限定せず、すい臓病全体として、またすい臓に関連する胆道、胆嚢の病気も視野に入れてみた場合、いずれも症状が似通っています。体調に異変を感じたら、早期に医師の診察を受け、正確な診断、治療を受けることが大切です。

スポンサーサイト

«画像検査 | トップへ戻る |  急性、慢性すい炎とすい臓がん»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。