スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胆道、胆嚢

すい臓は、肝臓や胃、十二指腸などの大きな臓器に囲まれており、からだの奥深くに存在しています。そのため目立つ臓器ではありません。それは、いったん異常が発生してもみつけにくく、また治療しにくいことも意味します。特に、すい臓がんは、特有の症状がないことから気づかないままに進行してしまうことが少なくありません。したがって、現在わかっているなかで、すい臓と深い関係があるといわれる臓器の疾患がある場合は、すい臓の機能も落ちていることが考えられますので、注意が必要ですし、それらの臓器または疾患に対する適切な治療をおこなっても改善が見られない場合は、すい臓に異常があることも考えられます。

胆道や胆嚢の病気は、すい臓の病気と同様、近年、急速に増加しつつあります。いずれも食生活の欧米化、アルコール分のとりすぎに原因があると思われます。胆道とすい臓は関係が深く、どちらかに異常があるともういっぽうも異常をきたすことがよくあります。また、胆道・胆嚢・すい臓の病気が進むと、しばしば肝臓や胃、腎臓などにも障害があらわれます。胆道とすい臓および肝臓・胃などの病気の症状はよく似ていることが多いので、治療のはじめに正確な診断を受けることが大切となります。

胆道・胆嚢の病気としては、次のものがあります:

●胆道感染症
●胆石症
●胆嚢摘出症候群
●胆道イキスキネジー

また、すい臓がん以外にすい臓の主な病気としては以下にものがあります:

●急性すい炎
●慢性すい炎
●すい嚢胞

スポンサーサイト

«急性、慢性すい炎とすい臓がん | トップへ戻る |  病理学的検査と診断»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。