スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集合的治療

癌の治療は、現在でもやはり手術によって癌を取り除く「手術療法」が主流です。5年生存率の高い例は、手術法が8~9割を占めます。特に、すい臓がんの場合、少しでもすい臓が残っていれば本来の機能を果たし得ることから、手術が積極的に行われる傾向があるようです。しかし、手術療法単独で治療することは少なくなってきているといいます。特に、進行した癌の場合はそうで、症状がなかなか現れないことから発見が遅れがちなすい臓がんの場合もそうですが、その他の方法を組み合わせることで総合的に治療する方法がとられています。

他の方法とは、化学療法、放射線療法、免疫療法、そして最近新聞などで取り上げられている温熱療法などです。それぞれに長所と短所があります。癌は、100人の患者がいれば100通りの症状があるといわれ、したがって治療法も個人それぞれによって決められます。各治療法を個人に合わせて組み合わせていくのです。これは、「集合的治療」と呼ばれます。近年の癌の生存率の飛躍的向上は、この集合的治療によるといわれています。

癌の治療法は、一般の人たちにとっても大きな関心の的です。そのため、新しい治療法が登場すると、マスコミなどでも大々的に取り上げられます。一時期、マスコミを騒がせた、インターフェロンやTNF(腫瘍壊死因子)、そのほかの抗がん薬をご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。現在の一番の注目は温熱療法です。一般に人たちが治療法に関心をもつことは重要です。自分の健康ですからね、専門家まかせにする時代はもう終わったということでしょう。しかし、断片的な知識は有害にもなりかねません。たとえば、先の温熱療法ですが、肺転移の人にこれを用いると逆効果になります。

スポンサーサイト

«すい臓がんの種類 | トップへ戻る |  糖尿病との関係»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。