スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すい臓手術後の生活

すい臓がんの治療には、手術によって病巣を摘出する「手術療法」が積極的にとられています。これは、すい臓の場合、少しでも残しておけば本来のすい臓の機能の多くを果たすことができるからです。それでもやはり手術後の生活には、それなりの注意が必要です。ましてや、すい臓を摘出してしまった場合には、すい機能がなくなってしまうわけですから、その機能を別の方法で補っていくことになります。

すい臓は、内分泌と外分泌という二つの働きをしています。内分泌というのは、インスリンなどのホルモンがすい臓内部の血管循環のほうへ分泌される働きをいいます。一方、すい液はすい管というすい臓のなかを貫いている管によって、すい臓の外部へと分泌されていて、このように臓器の外部や体表面への分泌を外分泌というのです。

すい臓摘出後は、終生にわたってインスリンと消化酵素を投与することが必要となります。基本的には、血糖の管理、食事療法です。特に、脂肪の過剰摂取を避けるなど、自己管理が求められることになるため、手術前に術後の生活について医師から充分な説明を受け、納得したうえで手術に臨むことが大切でしょう。

すい臓摘出後に心配される合併症としては、低血糖、低栄養状態、感染症が3大懸念です。

患者本人が自己管理をうまく行っていく訓練をつんでいくと共に、周囲の協力も必要となるでしょう。主治医との連絡を蜜にして、ちょっとでも異変に気づいたら早めに受診するようにしてください。

スポンサーサイト

«糖尿病との関係 | トップへ戻る |  すい臓がんとすい炎との関係»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。