スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌の予防

WHO(世界保健機関)は、癌の3分の1は予防できるとしています。癌の原因と考えられている飲食物、タバコを避ける、ウィルスと関連のある癌については予防接種を行うなどの対策があります。

国立がんセンターは、「癌を防ぐための12か条」を発表しています:

1.バランスのとれた栄養をとる。
2.毎日、変化のある食生活を。
3.食べすぎを避け、脂肪はひかえめに。
4.お酒はほどほどに。
5.たばこを少なくする。
6.適量のビタミンと繊維質のものを多くとる。
7.塩からいものは少なめに、熱いものはさましてから。
8.こげた部分は避ける。
9.カビの生えたものに注意。
10.日光に当たりすぎない。
11.適度にスポーツをする。
12.からだを清潔にする。

人間には癌から自分の身体を守ろうという自然の力があります。それが年をとるにつれて抵抗力が衰えることから、癌になる率が高まるのです。老化を止めることは無理ですが、心身ともに健やかで、若さを保てるように努力することが癌を予防することにつながるようです。

特に、まず改善したいのは食生活です。以前、日本で多かったのは胃がんです。栄養状態が悪く、塩分が過剰だったからです。栄養状態が改善されるにつれ、その発生率は確実に低くなってきています。一方、もともと日本人には少なかったにもかかわらず、食生活の欧米化により増えてきたのが、大腸がん、乳がん、すい臓がんです。特にすい臓がんはかなり進行するまで症状がなく、発見が困難な癌です。だからこそなる前に予防することが大切なのではないでしょうか。食生活を改善することが最大の予防になるかもしれません。

スポンサーサイト

«すい臓がんとすい炎との関係 | トップへ戻る |  すい臓病»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。