スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期発見と検診

早期発見が叫ばれる癌ですが、ここでいう早期とは、この時期ならば治る可能性がある時期、という意味です。そのためそれぞれの癌によって、早期発見のめやすは違いがあります。また、癌の種類によって早期発見の容易さにもかなりの違いがあります。
癌は全部で50ほどあります。そのうち現在、8割ほどの癌は、診断技術も進み、早期診断すればたいてい発見できるようになりました。皮膚がん、乳がん、子宮がん、大腸がん、胃がん、前立腺がん、および膀胱がんなどがこれらの癌に属します。これらは比較的からだの表面に近い部位にできる癌で、患者自身に体調の変化を感じる症状が早期に出る癌です。そのため早めに精密検査を受けることになるため、発見も早期となる可能性が高いのです。

一方、体の奥にあるすい臓や肺の癌となると症状も出にくいので気づくのが遅くなりがちであるばかりでなく、精密検査をしても発見しにくい場合が多いのです。

乳がんは手で触れることができますから、自分で普段から気をつけることができます。しかし早期に発見さえできればかなりの生存が望める胃がんや子宮がんでさえ、初期どころか、かなり進行した癌でもほとんど症状がないこともあります。症状が出たときには手遅れです。そのため、症状のあるなしにかかわらず、40歳を過ぎたら癌年齢と考えてください。1年に2回、少なくとも1回、毎年、誕生日なら誕生日、と自分で決め、かならず検診を受けるようにしてください。

スポンサーサイト

«すい臓病 | トップへ戻る |  すい臓がん»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。