スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すい臓がん

すい臓がんによる死亡者数は、年々増加の傾向にあります。日本人のがんのなかで最も多いといわれる胃がんでさえ、「早期発見」により完治さえ不可能ではなくなってきている現在にあって、どうしてすい臓がんの治療は進まないのでしょうか?すい臓には、これといって特有の症状がないため発見が遅れがちなことと、すい臓という臓器の位置が治療を難しくしているという理由があります。

すい臓はどこにあるのでしょうか?
すい臓は、みぞおちの奥、胃と脊髄の間にあります。片側には十二指腸、もう一方の端は脾臓に接しています。十二指腸側から、頭部、体部、尾部と呼ばれています。すい臓がんのほとんどはこの頭部部分、すい頭部に発生します。

すい頭部の役割
すい臓がんの多くが発生する、すい頭部というのは、膵液を十二指腸に運ぶ、すい管と、肝臓でつくられた胆汁を十二指腸に運ぶ役割をする胆管が合流する場所です。これがすい臓がんの治療を難しくし、また肝臓などへの転移を早める原因となっています。すい臓の周囲には、肝臓へいく肝動脈や腸へ行く上腸間膜動脈、胃や腸から肝臓へいく静脈である門脈が張り巡らされており、これらに癌が入り、肝臓などの臓器への転移を早めるのです。

これまで、すい臓がんというと、そうとわかったときにはすでに手の施しようがないことが多く、手術中の死亡率も高かったのですが、1980年に日本すい臓病研究会が手術の指針を決定して以来、現在では安全な手術が可能になってきています。

スポンサーサイト

«早期発見と検診 | トップへ戻る |  治療と生存率»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。