スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症状がないという症状

早期発見がこれほど叫ばれるなかでどうして、すい臓がんの早期発見はこれほど困難なのでしょう? その理由のひとつに、すい臓がんにはこれといった症状がないことがあげられます。個人差がありますが、半数ほどの人に腹痛が起こることもありますが、残りの半数には症状はありません。その後、黄疸が現れ、食欲不振、背中の腰痛、全身倦怠、嘔吐などが生じることもありますが、これらはすい臓がん特有の症状とはいいがたいでしょう。

たとえば、肝臓がんの場合も、これといった特有の症状がありません。すい臓がんと同様、からだがだるい、腹痛が続く、おなかが張る、食欲不振などがあり、そうして体調の悪さに気づいたときにはかなり病気が進んでいて、転移した先で症状が出てやっと病気に気づくということが多々あるのです。

すい臓がんは、現在、画像診断法が進歩し、少しずつではありますが、早期発見の例もみられてきています。主な映像検査には、超音波検査、内視鏡的胆すい管造影検査、CTスキャン、血管造影検査などです。かつては、あらゆる検査を行って、全部の消化器を調べたうえで、消去法でようやくすい臓がんにたどりついたのです。それと比べればかなりの進歩といえそうですが・・・症状を自覚し、すい臓がんを疑ってかからないことには、これらの映像検査を受けないのではないでしょうか? そう考えると、やはり早期発見への道のりはまだまだ険しい気がしてなりません。

スポンサーサイト

«治療と生存率 | トップへ戻る |  統合医療の課題»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。