スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症と妊娠への影響

性感染症には妊娠や出産に特に影響する可能性があるものがあります。そういった事をよく知っておく事で性感染症による意識が高まると思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。

【梅毒】
梅毒に感染すると性器にしこりが出来ます。これは小さくて硬くその後潰瘍になっていくようです。この潰瘍が出来ても痛みを感じないために気付かない場合が多く見過ごしてしまいがちになります。そのまま放っておくと全身に湿疹が出るようになりそこで初めて気付くと言うケースが多いようです。またそれでも放っておくと何年かたって湿疹が硬いこぶのようになり、それが全身に拡がり、最悪の場合には心臓、血管、脳にまで影響を及ぼす危険性があるようです。

治療には抗生物質を使いますが妊娠中の場合は流産や死産、また出産出来ても赤ちゃんに感染してしまう可能性さえあると言うので早めの治療をする必要があります。

【HIV感染症】
HIV感染症と言う性感染症があります。これが発症すると「エイズ」と呼ばれる病気になるのですがHIVウィルスによって感染します。始めのうちは頭痛や熱など風邪のような症状が出るようになります。しかし1~2週間経ったところで症状が治まるので見過ごされる事が多いです。しかしここで治療をしておかないと何年も潜伏期間を経て発症する事があるのです。

HIV感染症は胎内、産道、母乳から赤ちゃんに感染するとも言われています。その可能性は100%ではないのですが普通分娩で大体30%位、帝王切開なら10%程とも言われています。妊娠前には必ず検査を受けて置くなど対策をとる必要があるのです。

スポンサーサイト

«性感染症とは | トップへ戻る |  性病と性感染症は違うの?»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。