スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病と性感染症は違うの?

「性病」と言う言葉と「性感染症」と言う言葉、どちらの言葉も聞いた事があると思いますがこの二つは大体同じ意味で使われていますが、現在では「性感染症」の方を使っている人の方が多いようです。では何故現在では専門家などが現在「性病」と言う言葉を使わないで「性感染症」と言う言葉を使うようになったのかと言うと、1998年に法律上「性病予防法」が「感染症法」に統合された事で「性感染症」と言う言葉が法律上の言葉になったからだと言う事が背景にあるようなのです。

感染症法に関して詳しく言うと1998年に新しく制定された法律で前からあった「伝染病予防法」「エイズ予防法」「性病予防法」を吸収・統合した法律と言う事になります。今まで法律上の「性病」として定義されていた病気は4つあって、梅毒、淋病、軟性下かん、鼠径リンパ肉芽種と言う病気を性病と言うように定義していました。しかしこの性病に定義付け出来ないエイズ、クラミジア感染症、性器ヘルペスなど今若い人を中心に発症している物もひとくくりにしようと言う観点から全部合わせて「性感染症」と言うように呼ぶようになったみたいです。

法律上「性病」と呼ばなくなった現在でも一般的には「性病」を俗語として使われているみたいなので、専門家や医者以外の人が使うときには特に呼び方の違いに関して気にする必要はないのではないかと思います。どちらでも同じ意味として捕らえて使うようにしましょう。

スポンサーサイト

«性感染症と妊娠への影響 | トップへ戻る |  性感染症と妊娠【淋病】»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。