スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症と妊娠【淋病】

女性にとって妊娠と言うのはとても大切なものだと思います。その妊娠に大きく影響を及ぼしてしまう可能性があるのが「性感染症」です。そこで下記に妊娠に関わる可能性がある「性感染症」について挙げてみたいと思いますので参考にして下さい。

「淋病」と言う言葉を聞いた事がある人はものすごく多いと思います。淋病は性感染症の中でもクラミジア感染症の次に感染している人が多いと言われている性感染症です。淋菌と言う最近が侵入する事によって起こる病気です。淋病にかかってしまった場合でも自覚症状があまりないために気づかない場合が多いと思うのですが、体に出る症状としては「おりものが増えた」「黄色い膿みたいなものが出るようになった」などがあるようです。症状の感じ方としては男女で違いがあるようで、女性の場合は自覚症状として出ない事が多いので自分が感染しているなんで気付かないですが、男性の場合は尿道炎になってしまうケースも多いために排尿痛として症状を自覚する事が多いみたいです。また女性の場合気付かないからと放っておいてしまうと、膣、子宮の中や周辺などに炎症を起こしてしまうので不妊の原因になったり子宮外妊娠の原因になったりしてしまう可能性がでてくるのです。さらにこれが妊娠中の場合には早産の危険性がでてきたり、胎児が発育出来ないと言う危険性が出てきたりしてしまいます。

自分で自覚出来ないなら、パートナーに何らかの自覚症状がでてきたら自分も感染しているかもしれないと思って一緒に検査を受けるようにして下さい。

スポンサーサイト

«性病と性感染症は違うの? | トップへ戻る |  性感染症について【性器クラミジア感染症】»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。