スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症について【性器クラミジア感染症】

性器クラミジア感染症と言う性感染症があります。この性感染症について下記に説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

まず「性器クラミジア感染症」と言う感染症にかかってしまうと、いったいどういった症状が現れるようになると思いますか?男性の場合からですが、感染をして大体1週間~3週間程経った頃、排尿痛や尿道にかゆみを感じるようになってきます。女性の場合にはおりものが増えるなど特に自覚症状を感じる症状は出ないようです。
こう考えると女性の方が、危険性が高いように感じます自覚症状がないので気付く事はなく、放っておいてしまう可能性が高くなります。そうする事で子宮や卵管などに感染が拡がって行き、最悪の場合は不妊と言う事になってしまう可能性もあります。

また、感染するときには普通のセックスのほかにもオーラルセックスやアナルセックスなどでも感染しますので注意する事が必要となります。

病院で治療をする場合ですが、抗生物質を注射する事、または抗生物質を服用する事で治す事が出来ます。しかし薬を使ったからと言って安心と言うわけではなくきちんと定期的に検査をする事も必要となります。

放っておいてしまうと男性の場合でも女性の場合でも大変な事になってしまう可能性がありますのでちょっとした症状が出ただけでも早めの検査をする事、またはセックスするときには最初から最後まできちんとコンドームを使うなどの自己予防が必要になります。

スポンサーサイト

«性感染症と妊娠【淋病】 | トップへ戻る |  性感染症の検査を受けましょう»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。