スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠と性感染症

性感染症はセックスを解して感染する事が多く、女性の場合感染してしまうと不妊、流産、子宮外妊娠に大きく影響してしまう可能性があるのです。ですから出来るだけ妊娠前に検査をして感染しているならパートナーも一緒に治療するなど早期の対応が必要になると思います。

下記に主な性感染症の事について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

まず「クラミジア感染症」と言う性感染症があります。比較的10代~20代の人に多く現れる感染症でクラミジア・トラコマーティスと言う最近が病原体になっているもので感染してしまうと1週間~3週間程で発症してしまいます。ただ発症しても自覚症状はあまりなく気づかない場合が多いようで治療が遅れてしまう事が多くあるようです。ただ、自覚がないだけで症状としては「おりものが増えた」「不正出血」「軽い下腹部痛」などがあるために気にならない程度でも病院で診てもらう事が大切になります。

また治療をしないで放っておくと最近が膣だけに留まらずに子宮頚管や卵管、子宮内膜にまで入ってしまい炎症を起こしてしまう危険性があり、さらに悪化すると妊娠や出産などに多大なる影響を及ぼす事になってしまうのです。その上、出産が出来たとしても赤ちゃんに感染しているケースもあるようなので気を付けなくてはならないと言う事が分かると思います。

治療自体は抗生物質を飲む事で治す事が出来ますのでやはり早めに病院に行く事がいいか重要であるかと言う事が分かると思います。

スポンサーサイト

«妊娠に影響を及ぼす可能性がある性感染症 | トップへ戻る |  性感染症で病院に行くタイミングはいつがいいか?»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。