スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症と言うのはどんなものなのでしょうか?

性感染症と言うものは、性行為をして感染してしまう病気の事を総称して呼んでいます。以前は「性病」と言うようにも呼ばれていたので聞いた事がある人も多いのではないかと思いますが、イメージ的には「遊んでいたり、不特定多数の人と性交渉を持っている人だったりがかかる病気」と言うようなイメージがあってなんとなく自分とは縁がなかったように思えます。

この「性病」の代表的な病気と言うと「淋病」「梅毒」などがありますが、これらは自覚症状が比較的出る病気なので自分で異変に気付く事が出来るため、すぐ病院に行って治療をする事が出来ました。ですから他の人にうつすと言う事が大きく拡がらずにすんだのだと思います。しかし近年ではこの病気の種類が増えたり、病気にかかる人が増えたりしている事から呼び方も「性病」から「性感染症」と言うように変わってきました。先程記述した「淋病」「梅毒」と言ったような病気は少ないのですが、「クラミジア感染症」とか「性器ヘルペス」などと言ったような感染症が増えてきているようです。

この性感染症の多くの場合、症状がなかなか表に出てこないために自分で気付かないパターンが多く、そのまま性交渉をしてしまった感染させてしまうと言う自体を招いているような状態になっているようです。今は性感染症と言うと昔みたいに一部の人がなるものではなく、誰でもかかる可能性がある病気であると言うように思えます。ですからきちんとした予防対策などをして自分で身を守るようにしなければならないと思います。

スポンサーサイト

«女性と性感染症 | トップへ戻る |  性感染症から自分を守りましょう»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。