スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠に影響が出る性感染症【カンジダ膣炎】

性感染症の中には妊娠に影響がでてしまう感染症もあると言う事をご存知ですか?女性にとって妊娠と言うのはとても大事な事だと思います。それに影響がでてしまうと言う事になると大変な事ですよね。ですからどういった感染症があるのか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【カンジダ膣炎】
カンジダ膣炎と言う性感染症があります。これはカビの一種であるカンジダが膣の中に入ってしまい、そこで繁殖をする事によって炎症を起こすと言うものです。大体は体の抵抗力が落ちたとき、疲れたときなどに感染しやすいと言う病気のようです。

ではこのカンジダ膣炎と言う病気はどういった症状が体に現れるのでしょうか?チェックしてみたいと思います。

まず代表的な症状はおりものです。白くてボロボロしたような感じのおりもの、見た目が豆腐とかカッテージチーズとかそういったイメージのようなものです。次にかゆみが外陰部や膣内に感じるようになります。

カンジダ膣炎は薬を膣内に入れたり服用したりして治療をしますができるならば妊娠前に治療をしておく事をお勧めします。感染したまま妊娠をすると産道を通して赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。赤ちゃんに感染する場合、口の中に感染してしまう場合がありますので授乳が出来なくなってしまうと言う危険性が出てきます。そうなると大変ですので出産までに治療をしておくようにしておく方が安心して出産出来るようになると思いますよ。

スポンサーサイト

«性感染症予防にコンドームを使おう | トップへ戻る |  性感染症と言う病気»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。