スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症【性器ヘルペス】

「性器ヘルペス」と言う性感染症があります。この性器ヘルペスについて下記に説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

性器ヘルペスは男女ともに感染する可能性があります。感染した場合、だいたいは10日以内位に症状がでてくるようになります。男性の症状は包皮や亀頭部分にかゆみを感じたり水ぶくれやただれなどが出来たりして痛みや熱を伴います。女性の症状は大陰唇、小陰唇にかゆみを感じたり水ぶくれやただれなどが出来たりして痛みや熱を伴います。どちらの場合でも不快感、痛み、熱などの自覚症状があるために病気に気付きやすく治療にも早めに取り掛かれるのではないかと思います。

まず上記のような症状を感じたら病院に行き水ぶくれやただれている部分を綿棒でこすり、それを調べてヘルペスウィルスがあるかどうかで診断をします。性器ヘルペスだと診断された場合、抗ヘルペスウィルス薬を服用したり注射したりして治療をしていきます。

他の性感染症は自覚症状があまりないから放っておいてしまって悪化させてしまう場合もありますが性器ヘルペスは症状にかなりの痛みが出るためになかなか放っておく事が出来なくなります。でも放っておけるくらいの痛みの場合、数週間で症状がおさまってしまうので治ったと思ってしまいますが完治しているわけではないので再発する可能性は十分に高いと言えると思います。

性器ヘルペスの予防に関しても他の性感染症同様にコンドームを性行為の最初から最後まで着けて予防すると言うのが効果的ではないかと思います。

スポンサーサイト

«性感染症【エイズ】 | トップへ戻る |  性感染症【梅毒】»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。