スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症【淋菌感染症】

「淋菌感染症」(通称「淋病」)と呼ばれる性感染症があります。これは淋菌を病原体としている病気です。

淋菌感染症に感染すると大体1週間位で発症するみたいなのですが男女で感じる自覚症状には差があり、男性の場合は排尿痛があったり性器から膿が出たりするので自覚症状として現れやすいですが、女性の場合はおりものが多少増えたり色が黄色っぽいなど気付きにくい症状のため放っておいて悪化させてしまうケースも少なくないようです。女性の場合悪化してしまうと淋菌が子宮や卵管などに侵入してしまい、最悪の場合、不妊や子宮外妊娠の原因になってしまう可能性があると言う事が分かっています。

また感染する場所は性器だけではなく、オーラルセックスで感染すると喉に、アナルセックスをすると肛門に感染してしまうケースもあるみたいです。また感染している人が性行為をするとその人にうつしてしまう危険性も兼ね備えています。

ちょっとでもおかしいなと感じた場合はなるべく早めに病院に行って診てもらう事をお勧めします。検査や治療に不安がある人も多いと思いますが、検査は簡単で性器、または尿道などを綿棒でこすって菌があるかどうか調べるだけです。また治療も抗生物質を注射か服用するだけと簡単に治す事が出来ます。

淋菌感染症を予防する為には、まず性行為をするお互いで検査をする事、またコンドームをきちんと行為の最初から最後まで着ける事がとても大切になるのではないかと思います。

スポンサーサイト

«性感染症【梅毒】 | トップへ戻る |  性感染症【性器カンジダ症】»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。