スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性がクラミジア感染症にかかってしまった場合

クラミジア感染症と言う性感染症は男女ともにかかる病気です。ここでは女性がかかってしまった場合について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

女性がクラミジア感染症にかかってしまった場合ですが、クラミジア感染症の症状と言うのは比較的軽いようで感染した人の5人に1人の割合でしか症状が体に現れないようです。その症状もおりものが増えたり、下腹部痛があったり、不正出血があったりと言う感じでなかなか自覚症状が出ないために気付かないケースが多いようです。

症状が軽すぎるために自覚症状ばかりか医者でさえも気づかない場合があるようですので、感染を見落としてしまうケースが少なくないみたいです。その結果重い症状を引き起こしてしまうケースもありますので注意が必要です。
また性感染症はその名の通り感染しますので、気付かないと関係を持った相手にうつしてしまう可能性もある上に骨盤内感染症を起こしてしまう可能性もあり、結果的に不妊症になってしまう事もあるようです。
また症状にかかった状態で妊娠したとしても子宮外妊娠になってしまう可能性も高いですので出産が困難になる場合もありますし、無事に生まれたとしても母子感染を起こしてしまう可能性も高いと言う事になるのです。

クラミジア感染症自体は自覚症状も無く軽いので重く考えないですが女性にとっては妊娠などに関わる重大事項ですので定期的な検診を心掛ける必要があると思います。

スポンサーサイト

«こんな症状があったら性感染症を疑いましょう | トップへ戻る |  性感染症【クラミジア感染症】»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。