スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症【クラミジア感染症】

性感染症の一つである「クラミジア感染症」について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

性感染症で今最も多いと言われているのが「クラミジア感染症」であると言われています。原因となるのは「クラミジア・トラコマーティス」と言うウィルスによって引き起こされるみたいで、昔はトラコーマと言う目の病気で流行ったウィルスのようです。それが目から性器に変わり現在は性器の方が主体となって大流行しているようなのです。感染する行為としてはオーラルセックスと言う口を使った行為によっても感染するようなので注意が必要になります。

感染して発症するまでの潜伏期間は2~3週間であると言われています。症状についてですが男女によって違います。男性の場合は、排尿困難や排尿痛が出る場合があります。尿道より膿が出るようになり症状が進むによって色も濃くなってくるようです。症状が進むと前立腺炎や副睾丸炎を引き起こす場合があります。
次に女性が感染した場合の症状ですが、おりものが増えるようになったりとか排尿痛が出るようになったりするようです。全般的に症状が軽めにしか出ないようなので自分がクラミジアだと気づかない人も多いようです。症状が進むと不妊の原因になりますので注意が必要になります。

治療方法は抗生物質を使用します。1~2週間程の治療で治るそうなのですが再感染する可能性も高いので治療する際にはパートナーと一緒に治療する方がベストです。

スポンサーサイト

«女性がクラミジア感染症にかかってしまった場合 | トップへ戻る |  性感染症とは»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。