スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤感受性試験

再発や進行がんの治療は、化学療法である抗がん剤投与が主となります。
しかし、同じ抗がん剤であっても、患者によって必ずしも効果があるとは限らず、しかも強い副作用によって患者の生活の質(QOL=Quality of Life)を低下させてしまうことがあります。
そのため、できる限り効果のある抗がん剤を使い、有効性を少しでも高めるために行われるのは抗がん剤感受性試験です。

抗がん剤感受性試験は、患者に対して効く抗がん剤・効かない抗がん剤を判断するために行われます。
効かない抗がん剤を投与しないことによって、患者は副作用などの負担を軽減できます。
そして、効く可能性のある抗がん剤投与により、抗がん剤の有効性を高めることができるのです。

手術で摘出された患者のがん細胞を抗がん剤と一緒に培養し、がん細胞がどうなっているかを検査します。
がん細胞を死滅できた抗がん剤は感受性がある、死滅できなかった抗がん剤は感受性がない、と判断されます。

抗がん剤感受性試験が行われているがんは、卵巣がん、乳がん、子宮頸がん、子宮体がん、頭頸部がん、肺がん、食道がん、膵臓がん、胃がん、大腸がんなどがあります。
しかし、病院によって試験が行われるがんの種類が違ううえに、抗がん剤感受性試験の行われている病院は少ないのが現状です。

抗がん剤感受性試験の検査料は約3万円です。
先進医療制度によって保険診療の道が開け、大学病院以外でも抗がん剤感受性試験が行われるようになってきました。
抗がん剤感受性試験は卵巣がんをはじめ、多くのがん患者を助けるための先進医療の1つであり、選択肢の1つなのです。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«卵巣腫瘍と卵巣がん―上皮性腫瘍 | トップへ戻る |  生命保険の保険料払い込み免除について»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。