スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の保険料払い込み免除について

卵巣がんなど病気になったときに、生命保険の保険料の支払いが気になる方がいらっしゃることでしょう。

生命保険は被保険者(こども保険の場合は契約者)が不慮の事故にあった時、事故の日を含め180日以内に約款で定められている状態になった場合、以後の保険料の払い込みが免除になります。
ただし、一般の生命保険は、所定の高度障害状態となると死亡保険金と同額の高度障害保険金が支払われ契約が消滅します。
保険料の払い込みが免除になる場合には、高度障害保険金は支払われません。

保険料払い込み免除特約をつけておくと、3大疾病や身体障害状態、要介護状態などによって以後の保険料が免除となる会社があります。
免除になる用件は保険会社によって異なります。

保険会社によって医療保険やがん保険などで高度障害状態となった場合に保険料振込み免除となる商品もあります。

保険料の払い込みが経済的理由などで困難になった場合には、保険金の減額や特約だけを解約する方法があります。
逆に保障に備えるため特約を途中で加えることもできます。
ただし、保険の種類によっては特約の中途付加ができない場合もあります。

生命保険は、卵巣がんなどになった場合にどのような保障があるか、というだけでなく、保険が使いやすいかどうかも契約の判断に必要なことなのです。
そして、一度契約したらそのままにしておくのではなく、特約の見直しなど現状に応じた保障になるよう見直すことが大切なのです。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«抗がん剤感受性試験 | トップへ戻る |  先進医療»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。