スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の様々な主契約

生命保険の主契約は、生命保険のベースとなる部分です。
主契約は次のように、様々な種類があるので、どの保険が自分に適しているのか説明を受け、相談、内容をよく理解したうえで契約する必要があります。

・定期保険
一定の保険期間に死亡した場合にのみ死亡保険金が受け取れる保険です。
保険金額が保険期間中一定で変わらない定額のタイプが一般的ですが、保険料が一定で保険金額が減っていくもの、保険金額が増えていくものもあります。

・収入保障保険
契約者が亡くなった後、契約時に定めた期間まで年金が受け取れますが、いつ亡くなったかで、年金を受け取れる回数が変わります。

・生存給付金付定期保険
保険期間中に死亡した場合に死亡保険金が受け取れるだけでなく、生存している場合、一定期間ごとに生存給付金を受け取れる保険。

・養老保険
死亡保険金と満期保険金が同額の保険で、満期時に生存していれば満期保険金を、保険期間中に亡くなった場合は死亡保険金が受け取れます。

・終身保険
満期がなく、保険料の払い込みが一定年齢や一定期間で満了するタイプと、一生涯払い続けるタイプがあります。

・特定疾病保障保険
がん、急性心筋梗塞、脳卒中によって所定の状態となったときに、生きている間に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。
特定疾病保険金を受け取った時点で契約終了となります。

・医療保険
病気やケガで入院や手術をした場合に入院給付金や手術給付金が受け取れる保険です。

・がん保険
がんによる入院、所定の手術によって、給付金が受け取れます。
卵巣がんなど、思いがけない病気やけがなどに備えるための生命保険です。

卵巣がんの手術後、腫瘍が良性と判明した場合に保険金がおりないこともあります。
いざというときに、生活や入院の助けになるようにしっかりと確認したうえで保険の契約が必要です。

スポンサーサイト

«生命保険の様々な特約 | トップへ戻る |  生命保険の主契約と特約»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。