スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性疾病特約

生命保険には特定の疾病の治療に備えるための特約がつくものもあります。
その特約の1つに、女性疾病特約があります。
これは、女性特有の病気やがんなど所定の病気で入院した時に入院給付金が受け取れるものです。
女性特有の病気などで所定の手術をしたとき、手術給付金が受け取れる場合もあります。

女性疾病とは、乳がん・子宮がんなど、保険会社が定めるものを指します。
アフラックの女性疾病特約の場合、女性特定疾病で入院した場合に保障が上乗せされます。
アフラックにおける女性特定疾病とは、卵巣がん・乳がん・子宮筋腫・子宮がんなどが対象となりますが、乳房にできた皮膚がんは対象にはなりません。
この他、対象となるのは、流産・妊娠中毒症・子宮外妊娠など妊娠や出産における合併症や、子宮内膜症・乳腺症・チョコレート嚢胞など乳房や女性性器の疾患や障害、卵巣機能障害、関節リウマチなどが対象となっています。
ただし、乳房の皮膚の炎症や若年性関節リウマチは対象ではありません。

このように卵巣がんなど女性特有の病気に対する保障が手厚い一方で、保障の対象でない疾病もあることに注意が必要です。
また、保障が適用されるのは、責任開始日を含め3ヵ月を過ぎた翌日以降の発症であるなど、しっかり把握しておかなければならない条項を説明や約款で確認しておかなければなりません。
女性に特有な病気であれば、すべて保障されるというわけではないことを知っておきましょう。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«生命保険の主契約と特約 | トップへ戻る |  外陰がん・腟がん»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。