スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外陰がん・腟がん

女性の生殖器にできる婦人科がんの代表的なものは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんで、一般的に知られています。
しかし、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん以外の、「外陰がん」や「腟がん」は聞きなれないがんです。
外陰がんや腟がんは症例が、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんに比べて圧倒的に少ないため、産婦人科医でも外陰がんや腟がんの経験がなく見落とし、発見が遅れることがあります。

腟入口部(腟の入り口)の外側にできたがんは「外陰がん」、内側にできたがんが「腟がん」です。
がんの発症年齢は高く、おおむね50歳以上です。
70~80歳の女性の発症も珍しくありません。
外陰がんのいくつかの種類の中では扁平上皮がんが最も多く、5割以上を占めます。
症状として多いのはしこりです。
外陰がんでその次に多いのが、皮膚がんの一種「パジェット病」です。
外陰がんの中で最も進行が遅く、浸潤もしにくいので、手術で治りやすいがんです。
しかし、症状がかゆみを伴う赤い発疹なので、産婦人科や皮膚科での受診でも、慢性湿疹に間違われやすく、発見が遅れることがあります。

腟がんの発症年齢も高く、若い人には少ないがんです。
症状は不正出血、おりもの、しこりなどで、この症状でがんと気付くことが多いです。
進行が早く、近接している膀胱や直腸に浸潤や転移が多いのが特長です。
膣がんには、扁平上皮がんと腺がんがあり、80~90%の大部分は扁平上皮がんです。

スポンサーサイト

«女性疾病特約 | トップへ戻る |  ドラッグ・ラグ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。