スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣がんの抗がん剤「ドキシル」

日本で卵巣がんに罹患する人の数は毎年6,000人から8,000人と推定されます。
毎年4,000人以上が亡くなっており、2006年には卵巣がんで4,435人が亡くなっています。
近年、女性のがん罹患率が増加しているのは直腸、肺、乳房、卵巣です。
特に乳房と卵巣の罹患率の増加は1970年代から続いています。
卵巣がんは、発見されたときには進行が進んでいることが多く、転移した状態で手術を受け、手術ではすべてのがんを取りきれない場合、残ったがんを抗がん剤によって治療することになります。
このように抗がん剤は卵巣がん患者にとって治療の重要な位置にあります。
しかし、卵巣がん患者は長年にわたる抗がん剤投与により、抗がん剤に耐性を持ってしまうという問題を抱えています。
このため、卵巣がん体験者の会「スマイリー」は、卵巣がんの抗がん剤「ドキシル」の承認を厚生労働省に求めています。

卵巣がんの抗がん剤「ドキシル」は、2008年8月現在、世界の80カ国以上で使われていて副作用の少ない抗がん剤です。
このドキシルは2007年に作られた卵巣がん治療ガイドラインにも紹介されている抗がん剤です。
しかし、このドキシルは日本では2007年1月に申請が出されていますが、まだ承認されていません。

ヨーロッパやアメリカなど海外で開発・発売された新薬が日本で承認・発売されるまで約4年かかるといわれています。
日本での治験実施や審査など構造上の問題で、海外との新薬承認の時間差が問題とされており、厚生労働省の舛添大臣はこの承認までにかかる4年を1年に短縮することを2007年10月に公約しました。
卵巣がん患者をはじめ、多くのがん患者ががんの新薬の早期承認を持ち望んでいるのです。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«卵巣がんの化学療法における標準療法 | トップへ戻る |  婦人科がん»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。