スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内膜症と卵巣がん

子宮内膜症とは、生理の時に剥がれ落ちた子宮内膜が出血した血液とともに子宮から漏れ、腹腔内の子宮以外の卵巣や腹膜、卵管などに癒着(ゆちゃく)して増殖し、そこで生理(出血)を起こすものです。
初期症状としては、生理痛がひどくなってきます。
子宮内膜症は将来、様々な合併症につながるので、できるだけ早期に治療する必要があります。
この場合の合併症とは、卵管が塞がれて起こる不妊症、卵巣がんなどです。

内膜細胞が卵巣内にできた場合には、生理の血液が卵巣内に溜まってチョコレート嚢腫(のうしゅ)となるため、超音波でも容易に判断できます。
チョコレート嚢腫ががん化しているかどうかは、専門医ならば超音波で判断できます。
特に排卵回数が400回以上、排卵年数が40年以上、不妊・未出産・初産が30歳以上の時の人、閉経が遅い人、動物性タンパク質を多く摂る人は卵巣がんのハイリスクを持っているので、入念な検査が必要です。

子宮内膜症の一番の治療は妊娠です。
妊娠すると内膜を増殖させるホルモン分泌がなくなるため、生理もなくなり、子宮以外の内膜細胞は死滅してしまうのです。
子宮内膜症の一般的な薬は点鼻薬と注射です。
どちらの薬も効果は同じでよく効きます。
薬で症状が改善されない場合には手術を行います。
手術をしても、ホルモンが出る限りは薬物療法が必要で、手術だけでは完治しません。
子宮内膜症は生理がひどくなってからの1、2年の初期では完全に治りますが、5年以上経過すると完治が難しくなるので早期治療が重要なのです。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«婦人科がん | トップへ戻る |  卵巣がんの病期(ステージ)別治療―II期・III期・IV期»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。