スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣がんの病期(ステージ)別治療―II期・III期・IV期

卵巣がんの病期(ステージ)II期は、がんが卵巣周辺の腹膜に転移している状態です。

卵巣がんII期の治療は両側の卵巣、卵管、子宮と転移のある腹膜を含めての切除です。
直腸にがんが広がっている場合、直腸を含め切除する場合もあります。
大網は一見して転移がない場合でも切除します。
大網(腸を取り囲んでいる脂肪組織)は一見して転移がない場合であっても切除します。
手術後の検査で、切除した大網に転移が発見されることがあります。
もし転移があれば、病期はII期ではなくIII期になります。

手術時に、後腹膜リンパ節への転移が疑われる場合には、リンパ節のサンプリングを行い、すぐ病理検査を行います。
検査の結果、転移が判明すれば、リンパ管からの転移を防ぐためにリンパ節を郭清します。
転移があれば、病期はII期ではなくIII期になります。

手術後、大網とリンパ節の顕微鏡的検査を行い、その結果、転移のないことがわかってはじめてII期であると確定します。

III期・IV期の場合には、進行がんとして治療を行います。
両側の卵巣、卵管、子宮と転移のある腹膜を含めて切除します。
転移が広範囲にあるので、全身状態が良ければできるだけ多くのがんを手術によって切除します。
しかし、進行が進んでしまっている場合には開腹だけで終了してしまう場合もあります。
また、開腹前、もしくは1回目で取りきれなかったがんを化学療法で小さくしてから手術をする場合もあります。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«子宮内膜症と卵巣がん | トップへ戻る |  卵巣がんの病期(ステージ)別治療―I期»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。