スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオン

現代は、がんに対する様々な治療方法があります。
また、病院や医師によっても治療方法が変わりますし、医師の勧める治療方法と患者が望む治療が異なる場合もあります。
日本でも、医療事故の頻発などからセカンドオピニオンの考え方が普及し始めています。

卵巣がんなどが見つかり、これから先の治療方針を主治医から伝えられても、患者は混乱しているうえ、治療に対して深い知識を持っておらず不安を抱えています。
大きな決断を迫られ、判断に窮したとき、日常の生活であれば誰かに相談するように、医療に対しても誰かに相談したいという気持ちを持って当然のことなのです。
また、医療技術が日進月歩の今日では様々な治療法が存在するため、医師1人がすべてを知っているわけではありません。
専門の医師や医療機関に意見を仰ぐのは、患者だけのためではないのです。

セカンドオピニオンとは、主治医を変えることではなく、よりよい治療を受けるために主治医以外の意見を求めることです。
納得できる治療法を求めることは、患者の大切な権利です。
決して主治医に失礼な行為ではありません。
もし、セカンドオピニオンをいやがる医者がいれば、その医者は患者の権利を尊重していない、ということなのです。

セカンドオピニオンに必要なものは、主治医からの紹介状・診断の根拠となるCTなどの画像資料・病理標本などです。
本人が入院中などでセカンドオピニオンを受ける病院に行けない場合には、家族が代わりに行って話を聞くこともできます。
様々な医療機関がセカンドオピニオンを受け付けており、セカンドオピニオンの外来を設置している病院もあります。
卵巣がんの治療は、卵巣が破裂しそうだという以外ならばセカンドオピニオンを受ける時間は充分にあります。
自分に納得のいく治療法を受けるためにも、セカンドオピニオンの利用を考えてみましょう。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«卵巣がんの病期(ステージ)別治療―I期 | トップへ戻る |  臨床試験»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。