スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床試験

新しい治療法の動物実験での結果は、動物と人間の体の仕組みが違うため、そのまま人間には適用できません。
そのため、実際に人にその治療法が効果あるのかどうかを確認する必要があり、その効果と安全性を確かめるために行われるのが臨床試験です。
そして、新薬を厚生労働省に認可してもらうための臨床試験は治験と言います。

新薬ができるまでには、下記のようなプロセスがあります。

1.基礎研究
天然に存在する物質・実験室などで人工的に作った物質から新しい薬の候補を選びます。
この工程に2~3年かかります。

2.非臨床試験(動物実験)
ネズミやウサギなどの動物を使い、安全性と効果を確かめます。
この工程は3~5年です。

3.臨床試験(治験)
動物実験で安全性と効果が確かめられたものを、人間でも効果があるかどうか、確認します。
この工程は2~7年かかります。

4.厚生労働省への承認申請・審査
臨床試験(治験)をもとに、薬としての認可を申請し、厚生労働省の審査を受けます。
ここで1~2年かかります。

5.薬の認可
厚生労働省の認可がおりて、薬が販売・購入できるようになります。

一方、研究者(医師)主導臨床試験という臨床試験もあります。
研究者(医師)主導臨床試験には、承認された薬・治療法・診断法の中から最も良い治療法や診断法を確立するためのものや、最も良い薬の組み合わせを見つけるための試験があります。

卵巣がんの治療を受けるにあたって、現在の最も効果的とされる標準治療や、新しい治療法である臨床試験など、自分の症状にあった治療法を医師と相談しながら選択しなければならない時代になっています。
新しい治療法が、卵巣がんに効果的かどうかは、受ける人による違いもあるため治療を受けるにあたっては、慎重に医師と相談する必要があります。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«セカンドオピニオン | トップへ戻る |  がんの標準治療»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。