スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの標準治療

病院や治療をする医師によって同じ病状であっても治療方法が異なることが少なからずあります。
さらに、現在においては、新しい治療方法が次々とできてくるために数多くの種類の治療方法があって、どんな治療がよいのかわからないことが少なくありません。
また、病院や医師によって治療の格差が大きくなります。
現在、病気ごとに治療のガイドラインが作成されて、標準的な治療法が示されています。
この標準治療と呼ばれるものは、科学的な臨床試験などによって現在最も効果が大きいと判断された治療法です。
標準治療は、自分が受けようとする治療方法の判断材料となるものです。

しかし難治性のがんでは、標準治療が現在、最も有効と認められている治療であっても、多くの場合は満足できる結果をもたらすことができません。
そのために、様々な新しい治療法が研究され、そして試みられています。
よりよい治療を目指し新しい治療法は行われるものの、標準治療よりもよい結果がでるとは限りません。
新しい治療法を行うのは担当医だけでなく、多くの専門家の管理のもとで行われます。
これが臨床試験です。
また、新しい治療法と標準治療の2つを比較する臨床試験は比較試験と呼ばれます。
比較試験の結果、新しい治療法が優れていると判明すれば、新しい治療法が標準治療となるのです。

これからの卵巣がんの治療は、現在の標準治療、臨床試験中の新しい治療の選択が必要となります。
卵巣がんの治療にあたっては、セカンドオピニオンを取り入れて、どの治療が良いのか、どのような副作用などの不具合があるのかを医師にしっかりと確認してください。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«臨床試験 | トップへ戻る |  卵巣がんの放射線療法・化学療法»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。