スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣がんの腫瘍マーカー

体内に腫瘍ができると、健康時には見られない特殊な物質が腫瘍から作られて血液中に現れてきます。
腫瘍マーカーとは、この特殊な物質を指します。
がんが発生した臓器と腫瘍マーカーは深い関連性があるので、血液中に腫瘍マーカーが多く発生したときには、がんの発生が推測できるのです。

腫瘍マーカーは、がんの早期の場合には陽性と診断されないことが多く、逆に陽性であってもがんでない場合もあります。
腫瘍マーカーは、健常者の血液中にも微量、時には高い値を示すこともあるのです。
そのため、腫瘍マーカーはがんの早期発見の手段としては使わず、がん診断の補助的な手段として、そしてがんの進行を診るうえでの指標として使います。

血液中に微量に存在する糖タンパクであるCA125は、腫瘍マーカーの一項目です。
このCA125という腫瘍マーカーの測定は卵巣腫瘍の良性、悪性の判定に役立ちます。
卵巣がんの最も多いタイプ、漿液性(しょうえきせい)腺がんは、この腫瘍マーカーであるCA125が高い値を示します。
血液中のCA125は、卵巣がんに比較的特異性の高い腫瘍マーカーなのです。
転移のある卵巣がんでは、ほとんどの人はCA125が陽性です。
多くは非常に高値になるため、血液検査のみで卵巣がんと判明する場合もあります。
しかし、早期がんではCA125は陽性になる確率は低く、若い女性の中には軽度陽性であっても、がんのない人も存在します。
したがって、卵巣がんの早期発見において、CA125はあまり役立たないのです。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«卵巣がんの病期(ステージ) | トップへ戻る |  卵巣がんの症状»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。