FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茎捻転(けいねんてん)

卵巣は子宮と卵巣をつなぐ2本の靭帯で支えられています。
卵巣に腫瘍ができて5cm以上の大きさになると、おなかの中で回転して靭帯がねじれてしまうことがあります。
これが茎捻転(けいねんてん)です。
この確率は10%くらいと言われています。
靭帯の働きは卵巣を支えるだけではありません。
靭帯には卵巣に通じる静脈や動脈、神経も通っています。
このため茎捻転が起こると卵管や靭帯がねじれることで、血流がさえぎられ、激しい吐き気、発熱、嘔吐を伴う腹痛が起こり、時には意識不明に陥る場合もあります。
静脈圧迫によるうっ血や、神経圧迫による痛みが起こるのです。
また、腫瘍が破裂し、出血、化膿の症状が起こる場合もあります。
茎捻転になった場合には、早急に手術を受ける必要があります。
手術では、腫瘍や、場合によっては卵管や卵巣の摘出となります。
卵巣を取ってしまっても、卵巣は元々2つあり、片方が残っていますので妊娠・出産は大丈夫です。

茎捻転(けいねんてん)のリスクを抑えるため、卵巣腫瘍が6cmを超える場合には、良性であっても手術を考えたほうが良いでしょう。
また、茎捻転によって卵巣腫瘍があることに気づくこともあります。
虫垂炎と間違われる場合もあるので、注意が必要です。

このように、たとえ腫瘍が卵巣がんでなかったとしても、卵巣の腫瘍は大きな疾病につながることがあるのです。
卵巣がんにかかっていないか、腫瘍はできていないかなどをチェックするためにも、子宮検査とセットにして卵巣を定期健診することが必要です。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«卵巣嚢腫(のうしゅ) | トップへ戻る |  卵巣腫瘍―卵巣嚢腫と充実性腫瘍»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。