スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣腫瘍―卵巣嚢腫と充実性腫瘍

卵巣腫瘍は、大きく2つに分けることができます。
その2つとは、良性であることが多い「卵巣嚢腫(のうしゅ)」と、悪性であることが多い「充実性腫瘍」です。
卵巣腫瘍のうち9割は「卵巣嚢腫」です。
残り1割が「充実性腫瘍」で、このうち8割が悪性であり、その代表的なものが卵巣がんなのです。

卵巣嚢腫は、卵巣腫瘍の中に分泌液が溜まってしまう袋状のものを指します。
卵巣嚢腫は、この袋の中身によって、毛髪や歯、骨、皮膚などが含まれている成熟嚢胞性奇形腫(類皮嚢胞腫、皮様嚢胞腫)、子宮内膜の組織や血液がたまることによりチョコレート色になる腫瘍のチョコレートのう腫、中にサラサラとした液体がたまる漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ)、ゼラチンのようなドロドロした粘液がたまる粘液性嚢腫(偽ムチン嚢腫)など、様々な種類があります。

充実性腫瘍は、卵巣の細胞が増殖してできた腫瘍で、触ると硬いので、腫瘍が大きくなって、おなかを触って硬くなっていることからわかる場合があります。
腫瘍が小さいうちは自覚症状がなく、腫瘍が大きくなって、硬いしこりや下腹部痛が起こるときがあります。
良性から悪性に移行することもあります。
充実性腫瘍は、腫瘍全体が充実成分(固形成分)である腫瘍と、充実成分・液体成分で構成される腫瘍があります。

卵巣嚢腫・充実性腫瘍とも小さいうちは自覚症状がありません。
腫瘍が大きくなり、腹部の圧迫感や不正出血、体重が増えないのにおなかがぽっこりしてくるなどの症状が出てわかることがあります。
卵巣がんは発見が難しいがんですが、子宮がん検診の時に卵巣のチェックも一緒に行うことで早期発見できる場合もあります。
子宮と卵巣をセットにして、定期健診することをお勧めします。

医者嫌いの私の父も実践済 ガン治療に最も効果的な食事法

スポンサーサイト

«茎捻転(けいねんてん) | トップへ戻る |  卵巣腫瘍と卵巣がん―胚細胞腫瘍»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。